サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. April Tomさんのレビュー一覧

April Tomさんのレビュー一覧

投稿者:April Tom

紙の本バッテリー 3

2016/02/20 13:35

巧くん、脇役に食われないで…

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

バッテリー1、2を読み終え、すぐ続きを読みたいと久しぶりに思えた本でした。原田一家が越してきた、新田市の風景が自然と浮かんでくる描写や、登場人物の心情表現。著者の描く世界は私にとって「ストライク」でした。
中学1年の巧が主人公のはずなのに、度々衝突する相棒の永倉豪や、悪役の野球部 先輩の気持ちにまで共感できる。それは、主人公を美化する事だけでなく、弱さや冷たさ、自己中な所などの“人間臭さ”も包み隠さず表に出しているからではないでしょうか。ただ、中学生がそこまで考えて そういうセリフを言うかな?とも思いましたが…。
バッテリー3は、野球部の活動が解禁になり、巧と豪のバッテリーが「おあずけ」状態からやっと解放。3年vs1.2年の紅白戦が見ものでした。新田東中学 野球部メンバーそれぞれの特徴がわかり、特に2年の野々村さんは私的に良いポジションでした。
その後、強豪中学 野球部との草野球開催までこぎつけ、結果は…。
またまた早く続きが読みたくなる内容でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する