サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. エドワゥ・マスさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年1月)

エドワゥ・マスさんのレビュー一覧

投稿者:エドワゥ・マス

1 件中 1 件~ 1 件を表示

笑ろおてぇやれぇぇ~儂しゃあ決めたぁぁ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

長年待ち続けた、真田一族が描かれる大河ドラマが制作され、作品の要となる当主昌幸役が、草刈正雄氏と知り、久し振りに歴史ドラマに期待と興奮を覚えた。それは、約30年前に大河ではなく新大型時代劇として制作され、今や伝説化しNHKアーカイブズで人気コンテンツにランクインしている、真田太平記で幸村を演じたのが若き草刈氏であり、父昌幸役を丹波哲郎氏が豪放磊落に演じていた。そして、刻が経ち良い枯れ振る舞いを草刈氏が熱演され、かつての丹波氏の魂が見える気がしてしまう。今作の真田丸には多数の出版社からガイドブック類が出版されているが、旧作の真田太平記に触れ、草刈氏に若き当時の心境と現在の役へのアプローチ、何より丹波氏から学んだもしくは継承した!と言っても過言ではないと思えるコメントやスチールなど素晴らしく嬉しかった。今作、真田丸には堺雅人氏、大泉洋氏と私が以前から好きな俳優がキャスティングされており、この先数十年後に真田がドラマ化された時、もしかしたら彼らが豪放磊落な昌幸を演じることで魂を継承していくのかもしれない…と密かに心踊らしている。今作、真田丸が伝説化される名作となることを期待している。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示