サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. もなちゃんさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年9月)

投稿数順ランキング
先月(2017年9月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    中野 ジェームズ修一 (講師),日本放送協会 (編集),NHK出版 (編集)

    5つ星のうち 4.0 レビュー詳細を見る

もなちゃんさんのレビュー一覧

投稿者:もなちゃん

4 件中 1 件~ 4 件を表示

電子書籍シンプルに考える

2016/04/27 21:41

言葉では伝えられないところを教えてくれた一冊

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

本を読まない自分の会社の社長に「これだけは読んどけよ。」と言われて読み始めたらあまりにシンプルで2時間で読み終えてしまいました。

森川さんのLINE時代のマネジメント視点から
タイトルの通り「シンプルに考える」ことを教えてくれるのですが、
私がこの本から習ったのは「企業は世の中に価値を提供する」ということ。

なんで企業が存在しているか?
人の役に立つという価値を提供しているからです。
本気で人の役に立ちたいという人たちの集まりであるLINEには、
プロでいることの自覚・責任・行動が全て詰まったすっごい集団なのだと改めて見せられました。
ただただ有名じゃない、そこには森川さんの部下への圧倒的な信頼があったこそだと思います。

普段の業務で常に数字に追われ、いつの日か会社を数字としか見なくなった私に
人の役にたつという本質を思い出させてくれました。
私の社長もそこが伝えたくて、読めと言ったのでしょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

歴史と明るみと闇を描く、三谷作品のような本

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

典型的なストーリー展開が呼ぶ「わかっていながら共感してしまう」点と
歴史が落とした闇が描かれた、素敵な本。

主人公ローズの視点から常に描かれるローズの若かりし時は、過激な表現が妙に素直で正直な描写となっている。
吸い込まれる描写の中で、フランツ=オリヴィエ・ジズベールならではの
フランス文学らしい表現に愛しさを覚える。
コメディ調が強いためストーリーが疾風のように頭の中を走る一作。

フランツ=オリヴィエ・ジズベールの著作は少ないため、シリアスな作品はどのように書くのか気になるところ・・・

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍十字架

2016/03/21 20:58

背負うことの意味を考える一冊

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

最近のニュースでたまにある内容は、重松清さん特有のオールドスクールな書き方で同じ体験をしない人にはその人たちの苦労を知ることが出来、同じ体験をした人にはその時の無力さを教えられる一冊。

覚悟のないまま背負わされるということ、苦しめられるということ、言葉に出来ず伝えられないという感覚。
それらを少しでも皆が感じないよう、もっと世の人々に正直に生きて欲しい。
違うなら違うと言い、わからないならわかりあえるまでぶつかる、そんな現代の人間に足りないことを次々と気づかされました。
どんな年代の人にも響き方が同じなのだろうと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

マレーシアの可能性を感じる一冊

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

まず、ハラルに対して簡単に情報が収集出来るところが良いです。
話も割と身近で読みやすく、すんなり理解できます。
主にマレーシアの話が中心です。
個人的には、マレーシアよりは最大のハラル人口を誇るインドネシアの話も欲しかったですが
今後ハラルマーケットに参入予定の人やそれ以外の人も、学習の観点から言えば手軽に読めていいかもしれません。

日本から見るハラルは世界から見るハラルとはだいぶ違います。
少しでも興味ある方は、是非。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

4 件中 1 件~ 4 件を表示