サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. くまさんのレビュー一覧

くまさんのレビュー一覧

投稿者:くま

4 件中 1 件~ 4 件を表示

紙の本おおきなきがほしい

2016/06/30 21:19

憧れのツリーハウス

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ツリーハウスという言葉を知らない頃から、この絵本を読んで、ツリーハウスに憧れていました。あんな秘密基地が欲しかった。
細密に描き込まれた絵から四季折々の暮らしぶりが読み取れるところも好き。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本黄昏の彼女たち 下

2016/02/28 22:15

不倫ダメ絶対小説

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

上巻の途中でラブストーリーになってからはちょっとだけ熱が冷めたけど、下巻の不倫ダメ絶対の見本のような展開になってからは超面白くなりました。
ヒロインの恋人への思いがあっちこっち錯綜するのがリアルで好きでした。
破綻した夫婦関係であっても、相手の裏切りには平静でいられないというところも。
これがミステリかと言うと微妙な感じもしますが、謎は確かに大いに存在し、ラストにおいて解けます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本空がレースにみえるとき

2016/06/27 22:21

読むと、遠いところに連れていかれる

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

すごく不思議な世界。
何らかの伝承が元になっているのか、それともホロウィッツ独自の詩の世界なのか。
読んでいると、すごく遠いところに連れていかれるような、とても気になる感じでした。
勝手に何となく、空がレースに見えるときって6月の夜かなと思って最近読んだのですが、いつの季節の物語なんだろう?
きれいなもやみたいな雲が流れて、空がレースに見えるビムロスの夜には、カワウソが歌を歌い、その歌によってカタツムリがへそを曲げ、ユーカリの木も踊り出すのですが。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本黄昏の彼女たち 上

2016/02/28 22:08

お屋敷に囚われた女性の物語って興味深い

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

父の死後、財産のほとんどが失われていたことが判明。
上流階級の奥さま気分が捨てられない母を抱えて、一人奮闘するヒロインが魅力的。
家に囚われた女性の物語って興味深い。
屋敷を維持するために下宿人を置いて、メイドもいないから自分で家事とか、ドレスをリメイクとか、心ときめく要素てんこ盛りですが、個人的にラブストーリーに興味が薄いので、評価点数は低め。
でも、恋愛でもないとなかなか家からは逃れられないものだから、ラブストーリー苦手とか言ってる場合じゃないのかも。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

4 件中 1 件~ 4 件を表示