サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. しんさんのレビュー一覧

しんさんのレビュー一覧

投稿者:しん

31 件中 1 件~ 15 件を表示

電子書籍坊っちゃん

2016/03/15 11:39

さすが名作

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ひたひたと少しずつ進む前半。振り返ってみれば、いつの間にか遠くまで来ていたような気分。明治の古風な言葉回しも素敵。現代語訳なのだろうけれど、それでも十分にレトロ気分は味わえました。終わり方がほほえましい。長きに渡り読み継がれるのには、やはり訳がある。さすが名作。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍夜市

2017/09/13 11:32

他に類を見ない作品

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

表題作の「夜市」も、「風の古道」も、他の作者の作品では味わえないような独特の雰囲気を醸し出しています。文章は簡単で、別に美しい表現とかを狙ったわけではなさそうなのに、自然と目の前に情景が浮かんできます。意外な展開とちょっぴり切ないエンディング。空想と現実の入り混じった世界は、一度踏み込んだら病みつきになりそうです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍空飛ぶタイヤ(上)

2017/09/13 11:26

映画を見ているような

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

分かりやすい文章と、ペースよく進んでいく展開に、まるで映画かドラマを見ているような気分になりました。あまり読書が好きではない人や、難しい事を考えるのが苦痛な人にも気軽に読める一作です。作者の他の作品の中では、下町ロケットに一番近い印象を受けました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

久しぶりにびっくり

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

後書きに、発売直後はあまり売れなかったが、全国の書店から一冊、二冊と注文が入るようになり、返品されなかった、とあった。分かる、そんな感じ。この本を読んで、少しでも何か一つ、小さな行動を起こして欲しいという、作者の願いが感じられた。娯楽性、意外性、スピード感。その全ても兼ね備えている。「君の腎臓を食べたい」に何となく感じが似ているので、好きだった方は本作も是非どうぞ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

購入の価値あり

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

他の人が書いたレビューに、「少々値段は高いけれど、買ってよかった」という内容が多いようだが、私はそのような意見には同意できない。「この値段でこの内容は安い!」というのが、私的な感想である。殊能氏のファンのみならず、もっと一般的な「短編小説ファン」の方にも是非、この一冊を読んで欲しい。収められた三篇はどれも粒ぞろいだし、最後の日記形式の短編(?)も、文学賞に興味のある方にとっては参考になる話だと思う。こんなことを感じたのは、きっと私だけだと思うけれど、何となく三島由紀夫の文章に似ていると感じた。切れ味が素晴らしい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍風の歌を聴け

2017/01/07 05:14

爽やか

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

タイトル通りで、爽やかな一陣の風を連想させる一冊でした。パラパラと短いシーンが折り重なり、物語が進みます。「ネズミ」に対する突き放したような記述や、主人公の世界を風のように通り抜けて行った女性の記述が、なんとも爽やかな印象を醸し出しています。しかも、物語に穴や不自然な箇所がない。デビュー作でこの完成度はズルい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍下町ロケット

2016/10/29 04:00

最高のエンターテイメント作品

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

エンターテイメント作品としては、上位1%に入る素晴らしい本だと思います。池井戸先生の作品は他にもう一冊読みましたが、この作品の方が断然よかったです。ページをめくるたびにドキドキして、最後の最後まで飽きませんでした。しかも、記憶力と理解力に乏しい私が読んでも、登場人物や事実の混同がありませんでした。難しい本が嫌いな方も、是非どうぞ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍高台家の人々 4

2016/08/01 10:33

爆笑です

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

のだめカンタービレ、花より男子以来の面白さです。好みの問題ではなく、幅広い人にうけると思います。12歳から60歳まで、楽しく読めると思います。絵もすっきりして見やすいし、テンポも速すぎず遅すぎず丁度いいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍聖の青春

2016/03/28 10:13

いい意味で泣きました

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

将棋のことは何も知らず、ただ、映画化されるらしいぞ、というミーハーな気持ちで読んだのですが、後半は思わず号泣してしまい、いい意味でノックアウトされました。筆者が主人公を個人的に知らなければ、ここまで読者を感動させる一冊は書けなかったはず。事実をわかりやすく整理しつつ、プライバシーに配慮しつつ、執筆はさぞかし大変だったと思います。この本に書かれたことによって、村山氏が生きた証は、将棋ファン以外の人々の記憶にも残ることになると思います。分野を問わず勝負の世界に生きておられる方、そうでなくても自分の限界に挑戦していらっしゃる方に、特におすすめします!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍メタモルフォシス(新潮文庫)

2017/01/23 12:16

面白い組み合わせ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

SMとアナウンサー業界という、二つの世界をテーマにした作品。SMに関しては、書かれている内容がどこまで事実に基づいているのか分からないけれど、本当だとしたら、未知の世界を安全地帯から覗き見たことになる。アナウンサー業界に関しては、「こんな事書いていいのかな?」という個所が何カ所あり、作者はリスクをとったのだな、と感じた。奇抜なテーマなのに、不思議とスラスラ読めたということは、非常に技術的に優れた作品なのだろう。私が知らないだけかもしれないけれど、何か大きな賞を取らなかったのが不思議。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍ペンギン・ハイウェイ

2017/01/07 05:18

不思議な世界

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

子供が語り手の作品。大人が書いたハズなのに、読者を子供にしてしまう。子供の視線で読んでしまう。そんな一冊です。適度にトンデモなく、適度に複雑。そんなバランス感覚にも優れた一冊です。高校生から中高年まで、幅広い読者に受けると思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍朝が来る

2017/01/07 02:15

よくリサーチされた作品

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

重いテーマなのに、スラスラ読めました。いきなり本題から切り込むのではなく、ママ友さんやご近所さんとの付き合いでよく見られる、身近な問題から始めたのも良かったと思います。一つ一つの場面のつながりが自然でした。あと、何気ない文章で、「うわぁ、この一文のために、作者はきっと膨大な量のリサーチをしたんだろうな」と感じる箇所があり、物語を受け入れることが出来ました。デビュー作は衝撃的で新鮮でも、その後失速する作家の方が多い中、本作の作者は逆のパターンだと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

よくリサーチされた作品

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

重いテーマなのに、スラスラ読めました。いきなり本題から切り込むのではなく、ママ友さんやご近所さんとの付き合いでよく見られる、身近な問題から始めたのも良かったと思います。一つ一つの場面のつながりが自然でした。あと、何気ない文章で、「うわぁ、この一文のために、作者はきっと膨大な量のリサーチをしたんだろうな」と感じる箇所があり、物語を受け入れることが出来ました。デビュー作は衝撃的で新鮮でも、その後失速する作家の方が多い中、本作の作者は逆のパターンだと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

安心して買い与えられます

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

小学生の女の子の読み聞かせ用に購入しました。最近の子供はこんな本が好きなんだなぁ、と感心しながら読んでいます。この本で個人的に特によかったなと思ったのは、主人公のお嬢様がぽっちゃり体形だったところです。女性・女の子向けの雑誌で、考えても痩せすぎの体形がもてはやされる中、親が子供に安心して与えられる一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍いのちの初夜

2016/10/10 14:34

楽に読めました

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

かなり昔の作品なので、漢字や表現が分かりにくいかもしれないと、読み始めるのに二の足を踏んでいたのですが、そんな事は全くなかったです。重いテーマなのになぜか読むのが嫌ではなく、その上よくまとまった作品だったので、意外にスラスラと読めました。文学作品として楽しむのもいいし、このような人達が日本に確かに存在したことを知っておくとためにでもいいし、とにかく一度読んでみてください。自分にプラスになると思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

31 件中 1 件~ 15 件を表示