サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. ごまちゃんさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年9月)

投稿数順ランキング
先月(2017年9月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    中野 ジェームズ修一 (講師),日本放送協会 (編集),NHK出版 (編集)

    5つ星のうち 4.0 レビュー詳細を見る

ごまちゃんさんのレビュー一覧

投稿者:ごまちゃん

17 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本イエスの生涯 改版

2017/03/10 15:33

力なきイエス

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

遠藤周作の視点によるイエス・キリスト論という感じ。神学的、考古学的、史学的にはどうなのか専門家ではないため分かりませんが、おそらく遠藤氏の独自の解釈や視点におおきく寄っているように思います。それでも、十分読む価値があると思います。力なきイエスの姿はとても魅力的で、キリスト教の本質的な部分を描き出していると感じました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本沈黙 改版

2017/03/10 15:29

深い

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

深いテーマです。映画化されたことで、改めて手に取る機会になりました。信仰とは何か、救いとは何か、を考えさせられます。晩年の遠藤周作の著作は、正統なキリスト教信仰からはすこしずれていくような気がしますが、この作品は普遍的テーマであり、いつ読んでも胸に迫ります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本くだもの

2016/03/25 13:47

おいしそう!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

実においしそうな果物の絵が続きます。それがキレイにむいてカットされて、「はいどうぞ」と差し出される。続けて読むといいリズムも出てきます。子供はまだおしゃべりできませんが、「はいどうぞ」の「ぞ」のところに合わせて「じょ」と言います。読んでいると果物が食べたくなってくる絵本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本おててがでたよ

2016/03/25 13:31

お着替えの本

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

かわいい絵で、子どものお着替えの様子が描かれています。うちの子は、お顔はどこかな→ばあーのくだりが大好きで、この絵本を持ってくるといきなりそのページを自分で開いて、ばあーと言っています。ばあーのページばかり開いているので、ついに破けてしまって、2冊目が我が家にはあります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本いいおかお

2016/03/25 13:17

子どもが大好き

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

「いないいないばあ」と一緒で、繰り返しが子どもの心にとても響くようです。絵本もっておいで、というとこれを持ってきます。大人も読んでいてとても優しい気持ちになれるので親も大好きになりました。さすが、重刷されているだけあるなぁと感心しました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本いないいないばあ 改版

2016/03/02 16:48

子どもが一番最初にお気に入りになった本

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

いないいないばぁの繰り返しが大好きで、自分で持ってきて膝に座って読んでほしいアピールをしてきます。「ばあ」のページでは自分で「ばぁ!」と言って大ウケしています。最後のいないいないばあのところでは自分で目をかくして、一緒にいないいないばあをやっています。もう数えきれないくらい読みました。同じようないないいないばあの絵本もたくさんありますが、やっぱりこれが一番好きなようです。さすが、ロングセラーの実力と思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本バスでおでかけ

2016/03/25 13:27

細かい背景が楽しい絵本

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

女の子ですが、この本が大好きです。繰り返し読まされて、ほぼ暗記してしまったほどです。どのページも細かく描きこんであり、飽きません。うちの子は「動物園につきました」のページが一番のお気に入りで、ライオンや象、パンダ、カバなどの動物を指さしては「がおーがおー」などと言って喜んでいます。最近、絵の中の看板やトラックなどにしょっちゅう書かれている「ESAM」のロゴが作者の「マセ」さんの逆ローマ字だと気付いて一人膝を打ちました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本留学 改版

2017/03/10 15:39

留学という苦しみ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

留学というと、華やかで楽しいイメージがありますが、ここで描かれるのは留学の中で苦しみもがく姿。遠藤周作自身の体験がもとになっているのは明らかですので、きっと彼自身が苦しい留学を経験したのだろうと思います。それだけに、リアルで、留学中の心の揺れは痛いほど伝わってきます。読み応えのある本でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本いないいないばああそび 改訂版

2016/03/25 14:25

みんな大好きいないいないばあ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ことりのぴいちゃん、ネコのミケ、こいぬのコロ、かいじゅうさんがつぎつぎにいないいないばぁをします。ページの仕掛けを開くとばぁっと出てくるので、子どもは大喜びで「ばぁ」と言っています。さいごにはゆうちゃんがいないいないばぁをしますが、そこでは子供が自分で自分の顔を覆って、いないいないばぁをやっています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本おやおや、おやさい

2016/03/25 13:41

言葉遊び絵本

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

いろんな野菜が出てきて、言葉遊びの文が添えられている。どれもリズミカルで読んでいて楽しい。「かぼちゃのぼっちゃん 川に ぼちゃん」が好きで、この絵本のおかげで「かぼちゃ」が言えるようになりました。ただ、子どもにとってはパセリ、ラディッシュ、ニンニクなど食卓でそれほどなじみのない野菜が多いので、いまいちピンと来ていない様子。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本きんぎょが にげた

2016/03/25 13:21

金魚さがし

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

子どもと一緒に楽しめる本です。どのページも金魚はどこかなーと子どもと一緒に探します。見つけるとそれはそれは嬉しそうに「あったー!」(うちの子はまだ「いた」という語彙がないので…)と大声で言います。絵もかわいくて、カラフルで、ページを開くたびに大人もわくわくします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本がたんごとんがたんごとん

2016/03/25 13:19

子どもは繰り返しが大好き

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

がたんごとんがたんごとん→乗せてくださーいの繰り返しです。これが子供には何とも魅力的なようで、何度も読まされています。最近ではネコが出てくるページで嬉しそうに「にゃーにゃ!」と言うようになりました。大人からしてみると何の起承転結もないストーリーなのですが、小さい子にはこれがいいんだなーと知りました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ドアをあけたら

2016/03/25 13:56

楽しい仕掛け絵本

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

どのページも、パッと見た動物としかけを開いてみて実際にいる動物が違うので、「お!」となります。子どもも仕掛けを開くのが楽しいみたいで繰り返し開いたり閉じたりしています。カラフルでにぎやかな絵で読んでいて飽きません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ひよことあひるのこ 改訳新版

2016/03/25 13:52

こっこ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

鳥はなんでも「こっこ」で大喜び。どのページを開いても「こっこ」が出てくるので、それが嬉しいようです。「こっこー!こっこー!」と言いながら一生懸命ページをめくっています。絵は日本人のタッチではなく、外国の絵本だなーという感じですが、それはそれでまたいいのかも。私はひよこやアヒルの目があんまりかわいくなくて、それほどお気に入りではありませんが、子どもはよく手に取っています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ごぶごぶごぼごぼ

2016/03/25 13:37

何とも不思議な本

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

水の擬音?と思える不思議な描写とカラフルな絵が続きます。出産祝いにいただきました。ページに穴が開いていて、そこに指を突っ込むのが好きでした。指を突っ込んで、裏から親がキュっとその指をつかむと、すごくびっくりしてそれから大笑い。読むだけではなくて、そんな遊び方もした本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

17 件中 1 件~ 15 件を表示