サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 暗黒猫さんのレビュー一覧

暗黒猫さんのレビュー一覧

投稿者:暗黒猫

9 件中 1 件~ 9 件を表示

電子書籍限界突破の溺愛

2016/06/17 04:01

終始笑わせて戴きました

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

冒頭部分の、ヒーローからの求婚を断るヒロインの返答内容から、笑わせて戴きました。

ヒーローは高スペックで陰もあってかっこいいのに、普段が残念。でも、その残念なところも魅力的で、とにかくヒロインにぞっこんのデレデレなんで、安心して読めます。
ヒロインも真面目で、情が深くて、行動力もあって好感が 持てます。思い込みが激しいせいでヒーローを無自覚に振り回してしまってますが、いいぞーっもっとふりまわしてやれーって感じです。

結婚後も、ヒーローを尻にひいて、幸せに暮らすであろうことが容易に想像できる、読後感もバッチリなお話でした。


以下はネタバレです。


「髭、好きやったんかーい!」

読んで、最後に突っ込みました。
どうしても書きたかった。すみません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍月は執愛の闇に濡れ

2017/05/27 05:52

未だに時々読み返す好きな話です

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ざっくり言っちゃうと、2人とも幼い頃から両思いなのに、お互い嫌われていると勘違いしているというお話です。(←ざっくりすぎる)

どこが好きかというと、
ずっと受け視線で話が進むのですが、攻めに愛されまくってるというのがずーっと読者にはわかるところです。
セレブなスパダリに愛されまくってる、健気で美人でエロくてでもそこに無自覚な受け。
大好物です。

ちょっと切ないところもあるけれど(嫌われていると思ってるからね)、明らかに攻めに愛されいるのがわかるので、最後まで安心して読めます。

ウットリと浸りたい時には是非オススメします。

※※※
確かこの作者のデビュー作。
この話が好きすぎて、この作者の本を何冊か読んだけど、どれもイマイチ。この話に匹敵する話を書いてくれるのに期待してるんだけどな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

テンプレ万歳

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

大物悪魔に生まれた時から魅入られ、教会の加護が外れる17歳に地獄に攫われ花嫁にされると予言された主人公の女の子。その17歳の誕生日、少女を救いに現れたのは、12歳で貴族の自称天才エクソシストだった。主人公にベタ惚れな少年にグイグイ押される主人公は大物悪魔の下に行かずにすむのか?!てなあらすじ。
主人公が元没落貴族のお嬢様で口調が「〜ですの」とお嬢様口調なこと以外は、特筆する事も無いくらいテンプレな設定だけど、そこが大好物なんでむしろ、グーです。黒髪生意気年下半ズボン←表紙でしかはいてない…グイグイくる美少年万歳! 個人的には、攫いにくる大悪魔も、これまた予想通り「美」なので、少年なしの大悪魔に花嫁にされる…て話でも良かったかも〜とも思うけど、レーベル的にはこれで良かったのでしょう。そんなんTLに掃いて捨てるほどあるだろうし。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍獣―けだもの―

2017/02/23 18:29

好きですがヒロインがアホ…てか迂闊過ぎる

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

執着、溺愛、体格差…好きなキーワードだらけです(笑)

面白いです。

こんな風にこんなハイスペックなヒーローに、執着されたい、溺愛されたいイヤーんてキュンキュンします。お話もまあ面白い。最後まで安心して読めるし、私、気に入って何回も読み返しました。

ヒロインも大国の王女なのに偉そうでなくて心優しく、美人でナイスバディで色気ばっちり。こんな風に生まれたいってなもんです。

んが。ヒロインの自己評価が低過ぎるのはいつもの仁賀奈さんとして…
ちょいとアホ過ぎやしませんかね?

自分にベタベタするおっさん避けるのに夜のパーティで1人庭に出ーの、明らかに自分に敵意を持っている女が選別し持ってきたアクセサリーを触って痛ってなったのに、医師にはみせないーの他にも色々と。
大国の王女ならもっと周囲に目を配ろうよ。いくら箱入りでも危機感なさすぎでしょうよ。
いくら国王が病に臥せっているていっても、よくこんな無防備で短慮な女、代表に出したな。この国大丈夫か?てかほんとに大国?て違和感。

仁賀奈さん、小国にした方が無理なかったんじゃないの?

と設定に無理を感じたのでマイナス1という運びになりました。

でも、概ね自分の中では高評価です。好きな本に加えます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

95%致しております

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

こ絵師さんのファンであるものの、前レビューを読んで不安に思ったので、多分ネット小説であげてるだろうこのレーベルなら。と検索し、ビンゴ。自分は大丈夫と思い購入しました。

この本の95%は致しているシーンです。めくってもめくっても致しております。擬音と喘ぎ声と、ヒロインの心の突っ込みのオンパレードです。通常の本では、あのシーン好きだなあ、どこだったかしら・・と、探せますが、この本ではそれは難しい。
世界観が、中世のヨーロッパのようなんだけど、ヒロインの王女さまが、常に心の中でしている突っ込みが、日本の現代っこのそれで、さっぱりわかりません。と言うより、本当に大国の王女さまなの?と、何度思った事か。パソコンもテレビも出てこないのに、突っ込む口調が現代日本風。てか、いつ頃書いたかもろわかり。

只、これだけは保証しておきます。
ヒロインはヒーローに、溺愛されています。疑う余地ない位。濃ゆ〜く。

上記に書いた世界観お疑問を、横にムギュッと押し込んで読める方なら大丈夫。

因みに私は溺愛ものが 大好物なので、この話嫌いじゃありません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

面白かったです。で、も、

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

登場人物が、主人公(受)も攻も、その周囲もとても魅力的で、話もテンポが良くて面白かったです。
とても好きです。
乙女心を満タンにしてくれます。

ただ、文章ちょいちょい端折ってますか?それともページ足りなかったの?
表現、場面の転換がマンガ的だったり説明入らなくて、ところどころ、意味がわからなくて「は?」てなったり、「え?今なんか話とんだ?」てなって、前後を読み返すことしばしば。
前後の文章で察するのにも無理があるでしょ、てことチラホラ。
読み返してわかる時とそうでない時もあり、ちょっとストレス。

私、この作者の本は何冊も読んでますので、本来文章力のある作者だということは知っているつもりです。だから安心して買ったのに、そこにちょっとがっかり。

※※※
こういう時思うのが、編集さんって何してるの?てこと。
編集が指摘すれば良かったんじゃないのって程度のことですよね。これって。
たまに、なんでこれでgo出したんや金返せって本もあるけど…

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

主人公に共感できない

2人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

話の展開、意外性、ヒーローの魅力は充分あって、良いと思う。でも、主人公が煮え切らない、争いごとを嫌ってるのか何んなのか、流されて甘受してるのに強情ってか頑固。イラっとさせられた。いい子なんだけど、それだけっていうか、正直ヒーローが何故そんなにヒロインに執着出来るのか理解らない。
話全体は好みなのだけど、ヒロインが好みでない、共感できない。てか嫌い。好きになれるヒロインなら、作品も好きになれたのにと、残念に思う。

ただ、これはあくまで私の主観なので、ズブズブの「The 少女漫画」が大好物な人には大丈夫かと。あの、イラ〜として、はよ自覚してくっつけやこらあな感じです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

設定はいいんだけどな

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

これウェブに載せてた系で書いた日時に開きがあるんですか?

て思った位に、文章の印象やら視点やら場面の変換、登場人物のキャラやらがとっちらかってて、非常に読み辛い。

権力者に一目惚れされ、わざと間違って連れ去られ溺愛されちゃうという、乙女が大好きなお話なのに、非常に勿体無いと思いました。

半額で良かった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

全部読めなかった

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

設定が好みだったし、書評で甘い追いかけっこと知って、絶対私好きだわと思い購入したが、文章が酷い。

一言で言えば稚拙。
つまり、幼い、支離滅裂、順序おかしい、重複、設定と合っていない。
一番感に触るのが、最後の設定に合っていない。というやつで、ヒロインの生い立ちと設定からすればもっとお淑やかというか、良家の子女よりでもいいだろうに、まるで現代の女子高生。相手が自分より身分が上と分かっていてタメ口。
田舎者設定にしてもそうズバっとと書いていない。どころか導入部分で領主の娘前面推しだ。離れた島とは言え、現領主の言わば姫には違いないのだから、その辺の躾はされて当然と読者は考えると思う。少なくとも私はそうだった。だから、設定と合っていなくて違和感を感じ、最後にはイライラに変わった。
いやいや、こういう手法なのよとか、田舎育ちなんだからと思って我慢しながら読み進めるも、やっぱり気になるというか感に触る。
そしてそれ以外も文章の構成の下手さ、支離滅裂さ、語彙の少なさが気になり、61ページで私は読むのを断念というか放棄しました。

最後まで読み進めてないので、そのあたりの補正等あったらごめんなさい。

冒頭に書いたように、私好みの設定なので、全部読めなかったのが残念です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

9 件中 1 件~ 9 件を表示