サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. こまちのパパさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年1月)

こまちのパパさんのレビュー一覧

投稿者:こまちのパパ

12 件中 1 件~ 12 件を表示

紙の本何者

2017/02/04 17:41

”いま”の自分って「何者」?

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

就職活動していた頃を懐かしく思い出しながら読み始めました。

「こういう人は決まりそうだな~」とか、「こういう考えだと、きびしいな~」とか。
自分の就職活動を振り返ってみると、確かにこういう時にはダメだったな~とか。
ず~っと、昔の話のように読んでいたのですが・・・。

最後のあたりで気づきました。
「そういう自分は、”いま”は何者?」

ということで、社会人の方も楽しめますよ。
自分を見つめるきっかけを与えてくれた一冊でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本きみはほんとうにステキだね

2017/01/21 10:21

これは、やられました・・・

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ティラノサウルスシリーズは、前回「おまえうまそうだな」を読んでいたので、ある程度の心の準備ができていた”つもり”でしたが・・・。


今回も見事にやられてしまいました。

「おまえ・・・」の方は、親子関係。
「きみは・・・」の方は、友人関係。

前回同様、登場するのが恐竜っていうところが、こちらの心のハードルを下げて、素直に読ませてくれる物語にしてくれます。

読み終わったときに、「やっぱり、友情とか誰かのためにっていう気持ちとか、大切だな~」って、素直に思っちゃいます。
個人的には、お父さん向きかな?

心のさび落としに、ぜひ大人におすすめします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本おまえうまそうだな

2016/12/03 09:46

こどもに感謝

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

表紙の絵とお話のギャップがすごかったです。

親(パパ・ママ)って、最初から親ではないんですよね。
こどもから親という役割を与えてもらって、親という存在としてみられて、少しずつ成長させてもらって、そして親になっていくんですよね。
そういう感じで、自分を振り返ってしまいました。

「親にしてくれてありがとう」と、こどもに感謝する一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本捨てられる銀行

2016/09/13 11:10

理想として大切なことだと思いました

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

タイトルがショッキングだったことと、「売り切れ続出」というレビューに惹かれて、手に取りました。

 「地域の活性化について、これからどんなことをしていくべきか」を、金融庁、金融機関、地域経済の視点で書かれています。

 金融庁の改革の話は、ダイナミックに変わることをワクワクしながら読めますし、地域経済に目を向けず不良債権処理に没頭する金融機関の話は、我がことのような悔しさを感じながら読めました。

 読み終えて「これができれば、理想的だよ」とちょっと冷めた感じで思いながらも、そういう「理想」をしっかりと心にとどめておくことも、地域を元気にするためには大切なことなんだなぁ、と思いました。

 自分ができることを、理想に向けて一生懸命に取り組むことの大切さを感じた一冊でした。

 就職活動中の学生さんにも、フレッシュな社会人にも、もうしっかり働いてしまっているベテランさんにも、おすすめです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

簡潔で練習しやすい参考書

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

英語が苦手な高校生のために、中学英文法の復習用に購入しました。

1ページに例文と解説が載っている構成ですが、文法事項(ポイント)の解説の量がちょうどいいと感じました。

1つの例文にいろんなポイントを詰め込んでいる本もありますが、この本は1つの例文で解説するポイントは、原則として1つだけ。そして、同じポイントを持つ例文を複数並べてくれているので、いろんな例文で同じポイントを確認できます。
(こういう「繰り返しの学習」が公文式の特徴でしょうか?)

練習問題もついているので、中学英文法の基礎を固めるには、よい1冊だと思います。

高校生が使ったので、点数の伸びに直接貢献したかどうかはわかりませんが、その後の英語学習がスムーズになったことは確かです。それまで雰囲気でごまかしていた英文解釈が、文法を意識して読み進めることができるようになりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

本棚の一番目立つ場所に

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

コミュニケーションのとり方についての本はたくさんありますが、この本には、上手なコミュニケーションのハウツー等は書かれていません。
 その代わりに、演劇を通して「コミュニケーション能力とは何か」を考えた軌跡が書かれています。特に、「病棟での、患者の奥様と医療関係者の会話」では、言葉にならない思いを汲み取ることについて考えさせられる、自分の考えを深めてくれる事例でした。
 最後に、「わかりあえないことから」というタイトルが、すばらしいと思います。コミュニケーションで悩んだりつまづいたりしたとき、このタイトルを見るだけで、心がふっと軽くなる気がします。
 ぜひ、本棚の一番目立つ場所に。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

何度でも遊べます

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

病院の待合室にて、子どもが熱中して遊んでいたので、シリーズのうちの1冊購入しました。
大人も一緒に遊べますし、なかなか見つけられないときには、次のページに進むこともできます。それに、一度見つけたページでも、何度でも楽しく遊んでくれています。

「こわーいよる」というタイトルですが、(絵本なので当然ですが)子どもでも楽しく遊べました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

コマ切れ時間に

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

子どもが、少し時間があるとテレビを見てしまうので、コマ切れ時間に一緒に取り組めるワークとして購入しました。

1枚(表裏)の分量がちょうど良かったですし、いろいろなワークが入っていて、飽きずに取り組むことができました。

特に、はさみとのりで切り貼りするワークは、最初はとても苦手だったのですが、できることが少しずつ増えていったことで、楽しく取り組んでいました。

ちなみに、色を塗るワークでは、塗る部分が多くて(広くて)「つかれた~」と弱音を吐いていましたので、いっしょに塗って遊びました。

残念なところは、くもんの教材と比べて、上手に切り取りできない点でしょうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

楽しんで線を引いています

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

やさしい迷路から始まるので、子ども一人でも、どんどん進んでいきます。
色もきれいですし、いろんな風景も気に入っています。
(「これは秋かな?冬かな?」みたいな会話ができて、楽しんでいます。)

シールを貼って達成感を感じられることも、楽しく続けられているポイントだと思います。

シリーズであるので、次のステップも試したいと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

英語の考え方の確認作業

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

しばらく英語から離れていたので、久しぶりに英語の考え方を思い出そうと思い購入しました。

結論は、とても満足です。
筆者の罠(?)に引っかかりながらも、一語一語に丁寧に役割を与えていく解説によって、少しずつ英語の考え方を思い出すことができました。

不満な点があるとすれば、構文の解説が図示されていないところでしょうか。
すべて文で書かれているので、読みづらさを感じました。

それと、クイズにするために、いろいろと細かな制約(カンマが書かれていないなど)がありました。このような制約は、ゲームのルールとして受け入れてしまわないと、楽しめないでしょう。

「これから英語を勉強する人」ではなく、「構文や文法を丁寧に確認しながら、復讐したい人」にオススメしたい一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

デザインって、奇抜じゃなくていいそうです

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

テレビ番組で、この本の著者である水野学さんの特集を観たことがあり、この本を手に取りました。

 前半は、水野学さんのデザインに対する考え方が書かれています。個人的には、シンプルなデザインや機能性を重視した商品が好みなので、楽しく読むことができました。
 特に、デザインを「機能」と「装飾」に分けて考えたり、「過去→現在→未来」という時間を軸にアイディアを考えたり、という部分は、デザイン以外の思考にも応用できると感じ、メモしました。

 後半では、「THE SHOP」の商品のこだわりを解説しています。個人的には、「買い物するときに楽しくなるかな~」くらいの感想です。

 「デザインって、奇抜じゃなくてもいいんだ!」と、デザインのハードルを下げてくれる一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ボリュームのある問題集です

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

「かんたん合格 ITパスポート 教科書」の問題集です。
 分野別の重要問題と過去問5回分に加えて、計算問題対策や必修用語など、中身が充実している問題集だと思います。

 ただ、過去問5回分のうち、冊子に収録されているのは直近の2回分だけ。3回分は、PDFでダウンロードして使います。これは、個人的には使いづらい点でした。

 また、見開きで、「左側が問題、右側が解説(一部では、左側の下から解説が始まるページも・・・)」という構成ですので、「答えが見えちゃうのはイヤ」という人には、使いづらいと思います。

 個人的には、情報量が多いという点で、おすすめです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

12 件中 1 件~ 12 件を表示