サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. クッキーパパさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

クッキーパパさんのレビュー一覧

投稿者:クッキーパパ

4 件中 1 件~ 4 件を表示

紙の本入門東南アジア近現代史

2017/05/15 23:20

東南アジアが身近になる好著

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

人口も面積も異なる東南アジア諸国だが、どの国も大なり小なり多民族国家であり、欧米の植民地政策、そして第二次大戦時の日本軍の蛮行に翻弄された歴史をもつ。各国の歴史や政治、経済がコンパクトにまとめられ、著者がこの地域を読み解く鍵という「多様性の統一」、そして今後民主化が定着するかどうかとの問題意識も納得できる。中国の動きなど最近の情勢も解説されていて、東南アジアがぐっと身近になるし、今後の新聞報道などにももっと眼を向けなければ、と思わせてくれる好著だと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

重い内容だが、読後は爽快でもある。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

家庭内や職場のあの会話、この言葉も、こういう風に整理できるのか。店や病院でちょっと気になる日本語も、そう感じるのは自分だけではなかったのだ、とすっきりする。ヘイトスピーチのメカニズムもそう考えるのか。日本社会が抱える問題点もズバリと言い切ってくれる。最初から最後まで納得出来る一冊はすばらしい内容だった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

中東情勢の理解を深めてくれる好著

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

放送大学の高橋教授が講義の最後に「これで分かったと軽々に言ってほしくないが」と補足していたが、確かに複雑で迷路のような中東情勢。その迷路を案内してくれる本書は、気鋭の専門家の好著であり、140ページの量を遥かに超える濃厚な内容なので、予想以上に読了に時間を要した。中東を巡る歴史ばかりか、クーデターが発生したトルコの位置付けの重要性も再認識した。欧米のビッグニュースで、日本では多少報道が減った印象の中東情勢に今後も注目したいと感じさせてくれた本書を、その理解を深める為の教科書として再読していきたい。一方で、最新情勢を盛り込んだ著者の新刊も楽しみに待っている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ヨーロッパ覇権史

2016/03/12 22:07

じっくり再読します。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

新書という紙幅の制約がありながら、過去に教科書で習った事とは異なる事実も含めて、これだけの内容と情報量が手際よくまとめられていることに敬意を表します。最後はきちんと自分の立ち位置や考えを言い切っておられるので、好感が持てますが、この部分をもう少し膨らませて欲しかったと思います。全体を通じてとても勉強になりました。私にとっては是非再読したい一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

4 件中 1 件~ 4 件を表示