サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. ニックさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年5月)

ニックさんのレビュー一覧

投稿者:ニック

1 件中 1 件~ 1 件を表示

オススメ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

とても論旨が明快で読みやすかったです。また、著者は海外のジャーナリストで、こういった日本人以外の方に南京大虐殺や慰安婦の組織的な強制連行がなかったとはっきり書かれると、否定論に懐疑的な人に対しても強い説得力をもつように思えます。彼のベストセラーとなった前著「英国人記者が見た連合国戦勝史観の虚妄」にも南京大虐殺は無かったと明言されていますが、これがのちに翻訳の誤りで原著者のストークス氏は認知していないという報道がなされました。
【毎日】2014/5/9朝刊27面「ベストセラー翻訳者 南京事件 虐殺否定を無断加筆」
【産経】2014/5/9 MSN産経ニュース「南京虐殺否定を翻訳者が無断加筆 ベストセラーの著者が修正要求」
【共同】2014/5/8「南京虐殺否定を無断加筆 ベストセラーの翻訳者」、2014/5/9「『ゆがめられた歴史正す』 無断加筆の藤田氏ら」
【東京】2014/5/9夕刊2面「『南京大虐殺はなかった』 翻訳者 無断で加筆 英国記者が修正要求」
【琉球新報】2014/5/9朝刊1面「南京大虐殺否定を無断加筆 元米国紙記者の著者 翻訳者が認める」、朝刊2面「社説:無断加筆 もはや『捏造』に等しい」
しかし、後日の産経新聞のインタビューなどでこの件は誤報・虚報であると否定しました。この本でも、ストークス氏は再度、南京大虐殺はなかったと主張しており、以前の翻訳者の翻訳ミスという報道は誤報だと書いていらっしゃいます。
そういった誤報事件をふまえた著者の主張を知るのにも良いと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示