サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. yeshanさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年9月)

投稿数順ランキング
先月(2017年9月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    中野 ジェームズ修一 (講師),日本放送協会 (編集),NHK出版 (編集)

    5つ星のうち 4.0 レビュー詳細を見る

yeshanさんのレビュー一覧

投稿者:yeshan

4 件中 1 件~ 4 件を表示

紙の本天皇の料理番 上

2016/03/28 14:02

天皇の料理番

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

とんかつを食べさせてもらって、そのおいしさに感じ入った篤蔵。明治の初め、まだ肉食の習慣が普及していなかった頃、西洋料理に目覚め、その道に邁進する男の物語。料理にはフランス語が必要と、フランス語を学び、それがフランスでの料理の修業にまで、そして天皇・皇室での料理長に行き着くこととなる。面白いお話。このようなその道に邁進する人間はいつの時代にも必要でしょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本南十字星の誓い

2016/03/15 23:17

「南十字星の誓い」森村誠一著を読んで

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

冨士森由香が祖母・繭の外務省時代、シンガポールで植物園と博物館・図書館で開戦直前から太平洋戦争中、そして戦後の話を調べはじめめたところから始る。
 当時のシンガポールの植物館、博物館は世界に誇る規模をもっていて、戦火の中をいかに守りぬいてきたかのお話。貴重な文化遺産の保護に対して、スリルとサスペンスの続く話が続く。
 シンガポール華僑、日本人軍人・学者・民間人、英軍も関連して協力して守り抜いたお話。
 まさに、ハラハラドキドキが続く。おもしろい本ですし、これから外交官を目指す人には、これくらいの覚悟が求められだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本素敵な日本人 東野圭吾短編集

2017/06/17 14:32

喜楽に読めるミステリィ集

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

いずれも東野圭吾らしいミステリーです。
・正月の決意 初詣に出かけた老夫婦が奇妙なトラブルに遭遇し、それがきっかけとなって
・十年目のバレンタインデー 別れた恋人から食事に誘われ、そこで作家としての自分の正体が
・今夜は一人で雛祭り 娘が立派な家の娘と結婚することに・・。父親はひな人形を見て、心配は無用かと・・・。
・君の瞳に乾杯  合コンで出会った女の子と意気投合し、付き合うこととなるが、すっぴんになった彼女を見て探していた女だと・・。
・レンタルベビー 子供のない夫妻にレンタルベビーのサービスがされるが、子供はロボット。しかし子供そっくりなベビーに・・・。
・壊れた時計 奇妙なバイトを請け負ったが、壊れた時計を処理したことでとんでもないことに。
・サファイアの奇跡 野良猫イナリと仲良くなった娘。しかし、交通事故で犬猫病院で亡くなった。娘は成長して犬猫病院の看護師に。そこで、奇妙なサファイア色のペルシャ猫に出会う。
・クリスマスミステリー イブに年上の女性との関係を清算しようと殺人を考えるが、計画は思わぬことに
・水晶の数珠 親の反対を押し切り俳優を目指してアメリカに渡ったが父が末期がんで今度の誕生パーティは最後になるだろうと。急いで帰国したが父から携帯で来なくていいと。

 少し考えないとなど謎が解けなかったものもありますが、気楽に読める短編集でした。
 サファイアの奇跡は我が家ではシャム猫がいるので面白く読みました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本獅子吼

2016/04/20 15:15

終戦前の猛獣たち飼育員

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

6篇からなる短編集。中でも表題の「獅子吼」は動物園に来たオス虎の語る声と動物園の飼育係をしながら苦学生であった草野二等兵がこっそり残飯を動物園に送る話で始まる。終戦前には動物園の動物たちに与える食料も乏しくなり、空襲で猛獣が解き放たれることを恐れ、草野二等兵は動物たちの射殺に行くこととなるお話。人も動物たちも戦争の前にしては哀れなものです。
 他の5篇も面白く読めた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

4 件中 1 件~ 4 件を表示