サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. ゆうとさんのレビュー一覧

ゆうとさんのレビュー一覧

投稿者:ゆうと

6 件中 1 件~ 6 件を表示

電子書籍寝ぼけ署長

2017/04/29 14:38

権力者へ物申す、期待の小説

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

高校で山本周五郎著と出会い、ずっと変わることなく今も何度も読み返す作家です。山本周五郎さんのはほとんどが時代物。そのなかで、異色の小説で、人情にあつい、町の人に慕われる署長の話です。中の一文をどうしてもご紹介したいです。「法律の最も大きい欠点の一つは、悪用を拒否する原則のないことだ。法律の知識の有る者は、知識のない者を好むままに操縦する。…」国サイドの人に、ぜひ読んでほしい一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍【期間限定価格】女神のタクト

2017/04/23 17:39

関西人て泣き笑いがうまいな!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

塩田さんの本は、関西弁の面白さと、関西人の人情の表し方が絶妙で思わず一人で、わろたり泣いたり。せやけど関西と違うひとにこの何とも言われへん、言葉で毒付いて心で好きを表したところが分かってもらえるかな?
内容は、音楽が文字に乗って聞こえてくるようで、すごいと思った。最後は、泣ける。ユーチューブで聞きたくなるぐらいすごい迫力を感じた。
罪の声や将棋の話も面白かったけど、一番、一気に読んだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍【期間限定価格】虚像の砦

2017/04/04 22:34

拍手喝采!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

情報が溢れている今の社会への警鐘のような気がした。アメリカの大統領選挙やユーロ離脱を高みの見物をしていてネットの恐さを痛感した。報道の操作はあると思う。主人公達のように真実を伝えるために大きな障害が、国であるいうことは、恐ろしいことであると思った。
情報の中で何が正しく、何が嘘なのかをしっかり判断できる自分でなければと改めて感じた。政府の闇。痛快でした。長いモノに巻かれない会社人間である主人公たちにエールを贈ります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍そして、星の輝く夜がくる

2017/04/02 17:22

なんと、一気に完読!!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

真山さんの大ファン。でも、震災当事者である私は、この本のみ読むことを拒否していました。よそからの人が何を書いても…という思いがありました。ところが、ベイジンの電子書籍、文庫版あとがきにかえて。「逆風からの追い風へ」を読み、2010年3月震災前なのに地球温暖化を救うのは原子力発電と言う世界中の流れに危惧していることに感銘を受けました。その後、震災が発生したわけで、真山さんは福島の震災を、どのように思ったのだろうか?どのよう書くのだろうか?。知りたいと思いました。「そして、星の輝く夜がくる」を読みはじめたら、一気に完読。関西人である私は、阪神の震災も知っています。報道に対する思い、ボランティアのむずかしさ。風評当事者の家族の苦しみ。立場が変われば、見えてくるものが違ってくる。主人公の先生の真っ直ぐな体当たりが、関西人の温かさとともに、東北にない風を吹き込んでいるようで真山さんにしか書けない震災であったと思いました。出会えて良かった本でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍【期間限定価格】最終退行

2016/03/26 22:09

男のロマンが面白い

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

序章の部分が、重く、暗く、最後まで読む自信のないまま、次の章に進むといつもの池井戸節。あっと言う間に小説の中に吸い込まれてしまった。後半、今までの池井戸さんの小説と一風変わって、壮大な計画の中、男のロマンを感じ、海賊船、海賊たちが悪者を倒す。痛快さ。感動しました。池井戸さんの小説、ますます好きになりました。ありがとう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍社会保障クライシス

2017/08/20 14:28

世の中変えること出来るかも!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

年金も医療も雇用も生活保護も保育もと、盛り沢山の改革。出来るわけないよ。夢物語。でも 総理大臣が変わり、本当に日本の将来を真剣に考えて改革を横系列で根こそぎ行えば、可能性はあるのかもと思わせてくれる小説でした。今のままではダメなのに、今の自分たちが損したくない。そんな世の中で、政治家は、今の人たちから票をもらうことばかり。若い世代が何の期待も信頼もしない世の中でよいのでしょうか?政治家の方は、恥ずかしくないのでしょうか?
この小説のように日本の未来を真剣に心配し変えて行こうとする人に一票を!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

6 件中 1 件~ 6 件を表示