サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 餃子の玉将さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年9月)

投稿数順ランキング
先月(2017年9月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    中野 ジェームズ修一 (講師),日本放送協会 (編集),NHK出版 (編集)

    5つ星のうち 4.0 レビュー詳細を見る

餃子の玉将さんのレビュー一覧

投稿者:餃子の玉将

2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本九十歳。何がめでたい

2016/08/05 04:16

読むと、スカッと気分爽快になる1冊

10人中、10人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

なんと92歳という佐藤愛子さん。とても綺麗で頭脳も明晰で、そんな歳にはまるで見えないのだが、それでもやっぱり年相応には身体にガタが来ているそうだ。耳が遠くなったり、指が痛くなったり。

普通なら気も滅入りそうなものだが、佐藤愛子は全く違う。満身創痍だというのに、何がめでたいと言って、プンプン怒る。ヤケクソに怒る。

身近にいたらひたすら怖そうだが、そこは作家。怒るといっても、理不尽じゃなく、とても真っ当で、ユーモアたっぷりに楽しんで怒る。
ギスギスしないし、不愉快さもゼロ。だから、読んでいると、スカーッとする。

こんなに面白くて、深みがあって、難しくもなくて、いろいろ考えさせられもするエッセイは初めて読んだかもしれない。

とんでもない92歳がここにいる。ベストセラーになっているのも、当然だと思った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本後妻白書 幸せをさがす女たち

2016/03/27 15:29

老女たちの現役エピソードに驚いた

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

様々な後妻さんたちの姿をどこまでもリアルに綴っていて、まるで彼女たちと直接話をしているような錯覚を覚える程だった。

著者は周囲の友人たちが近年、後妻にいくようになったことを肌で感じ、時代の変化を嗅ぎ取った。描かれているのは、そうした友人たちの姿だ。

要するに、出てくる女性は50代から70代。世の中ではしっかり高齢者と称される彼女たちのまぁ、現役っぷりは驚くばかり。まったく枯れておらず、もしかしたら、30代や40代のほうが仕事に疲れ、家庭に疲れて、枯れているのではと思った。

著者が友人たちから聞き出す話には余所行きのおためごかしはゼロ。まぁよくもこれだけ自分のこと、夫のことをしゃべるもんだと、ここにも驚いた。

本書には全24編の後妻たちのエピソードが載っていて、どれも強烈なものばかり。ぼくがとりわけ印象に残ったのは、遺産相続の話と、タクシー運転手の話、それからあの世とこの世の話。

あの世とこの世の話は、さすが、ノンフィクション作家がもしもお化けに出会ったらシリーズで知られる著者だけに、サラリと書きながら、ゾクゾクとする。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示