サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. うさぎとかめさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

うさぎとかめさんのレビュー一覧

投稿者:うさぎとかめ

15 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本ないしょでんしゃ

2016/11/18 15:14

ほっこりします

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

「つぎは どっさりー、どっさりー。」
その言葉通り雪だるまたちがどっさりと。
個々様々な雪だるまたちは見てて楽しい。
絵もかわいくて隅から隅までじっくり見て楽しめる一冊でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本わすれられないおくりもの

2016/11/18 15:13

心の中で生き続ける

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

賢くて何でも知ってるアナグマ。
いつもみんなから頼りにされ慕われていました。
そんなアナグマがある夜、長いトンネルを浮き上がるように走る夢を見ながら死にました。
残された仲間達は悲しみにくれました。
春になり外に出られるようになるとみんな互いに優しいアナグマの思い出を語りました。
大切な人が亡くなるのは、本当に辛く悲しいことだが、その人との思い出が残された人の心で生き続ける。
私の中で何度も読み返したくなるそんな深い一冊になりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本こんとあき

2016/04/01 12:58

魔法の言葉

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

こんの「大丈夫大丈夫。」はまるで魔法の言葉。
不安でもさみしくても悲しくてもこんが大丈夫と言うだけで、そこにはきっと小さな勇気が生まれるんじゃないかな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本だんろのまえで

2016/03/28 21:13

やさしい心とあたたかさ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

つかれたら休んでもいいんだ、と思える読んでほっとできる一冊になりました。
つかれたときや壁にぶち当たったときに読み返そうと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ルリユールおじさん

2016/03/28 21:06

職人の繊細な製本

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

店頭で見て絵のタッチに惹かれて購入しました。
本を手作業で修復する職人技がステキな絵とともに紹介されています。
製本中のルリユールおじさんのそばにいるソフィーがとてもかわいかった!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本くまとやまねこ

2016/03/28 20:52

別れと出会い

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ある日クマはコトリを失います。
クマは深い悲しみの中から出られませんでしたが、ヤマネコと出会うことで少しずつ前に進んでいきます。
モノトーンの絵にところどころ色が付いていてとても素敵でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本押入れのちよ

2016/11/18 15:21

ちよちゃんはお化けだけど怖くない

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ホラー短編集。
中でも『押入れのちよ』の話がよかった。
幽霊やお化けって怖いイメージだけど、ちよちゃんはそれを覆す。
カルパスが好きなちよちゃんはとてもかわいかった。
ちよちゃんたちの今後が気になってしまう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本流れ星が消えないうちに

2016/11/18 15:19

あの頃

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

たいせつなひとと過ごした「あの頃」のことを、人は決して忘れ去ることができない。奈緒子も、巧も、加地君を忘れることは決してできない。
苦しみながら、恐れながら、泣きながら、それでも立ち止まるよりましだと進むこと決意する。
加地君のいた「あの頃」と彼のいない「いま」が対峙する、喪失と再生の物語。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本つみきのいえ

2016/11/18 15:17

思い出

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

どちらかというと大人向けの絵本かな。
幸せとはなにか。
つみきのいえに1人で住むおじいさんは、家族との楽しい思い出にいつも包まれているから決して孤独ではないのです。
絵とか色合いも素敵で、あたたかな気持ちになれる一冊でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

何者にも屈さない勇敢さ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

色合い的にも子どもにはトロルが怖すぎるかも。
だけど、トロルが怖ければ怖いほどそんな恐ろしい化け物に立ち向かうガラガラドンたちの機転や勇敢さが際立つ1冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本どうぞのいす

2016/04/01 13:07

優しさの連鎖

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

この本を見ると小さい頃によく読んでもらったのを思い出します。
どうぞの気持ちがどんどんいろんな人につながっていく優しい物語です。
誰かを思いやるって大切だなと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本りゆうがあります

2016/04/01 12:44

ユーモアなセンス

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

お母さんに怒られても理由があれば許されるはず、
と一生懸命に理由を作り出す子どものユーモアさ。
ほんと無理やりすぎる理由なので、思わずくすりと笑ってそんなまさか!と言いたくなります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本りんごかもしれない

2016/04/01 12:35

さまざまな発想力

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

りんごかもしれない。
見た感じはりんごだけど実は全然違うものかも。
りんごだけでもりんごじゃないかもしれない可能性がこれだけあるなんて…と発想力にびっくりします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本もうぬげない

2016/04/01 12:25

おもしろかわいい

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ぬげないぬげないってバタバタもだえてる姿は見ててほんとおもしろかわいい!
上が脱げてないのに下まで脱ごうとするあたりや、結局お母さんに無言で脱がされるあたりは本当に大爆笑!!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

基本から教えてくれる教科書

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

調理器具や調味料の種類など本当に基本のところから書いてあるので、料理初心者の方におすすめです。
レシピも注意すべきポイントは文字色が違うのでとてもわかりやすかったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

15 件中 1 件~ 15 件を表示