サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. わかひとしさんのレビュー一覧

わかひとしさんのレビュー一覧

投稿者:わかひとし

3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本祈りの幕が下りる時

2016/10/22 00:09

切ない、切なすぎる

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

文庫化を機に購入。
加賀恭一郎のお話をとても楽しみにしていたのに、読み進めるにつれてとても切なくなった。ちょっとだけ、真夏の方程式とオーバーラップした。親の子に対する想い。確かに、子を持つ立場になって身に染みるようにわかる気がする。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本インフェルノ 上

2016/04/03 14:42

面白かったのですが・・

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ラングドン教授が帰ってきてくれました。とはいえ、単行本はかさばるので文庫化+映画化を機に購入です。
今回の冒険も面白かったのですが、やはりラングドン先生、ダヴィンチコードの時のような冴えが見られません。まあ、話の最初のほうでいきなりピンチが訪れたり、敵なのか味方なのかハラハラする場面もあり、と、エンターテインメントとしては十分に楽しめました。
ただやっぱり、ラングドン先生がダヴィンチコードを超える冒険をするのを期待します。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本天才

2016/04/30 09:39

昭和史の一つとして

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

非常に興味深く読めました。
われわれ団塊ジュニア世代にとって、物心ついたときには時代は大平内閣で、「田中角栄」という存在はロッキード事件の中の登場人物としてしか認識できません。この人は汚職の権化、金権政治の黒幕だ、と。一方で、新潟の方々にとってみれば地元が産んだスーパーヒーローであり、今の日本を造った立役者の一人として根強い人気があるとも聞いています。これまではこのギャップをどうしても理解することができませんでした。
この本は一人称でその生涯を語っており(脚色も当然ながらあるとは思いますが)、ああ、そういうことだったんだ、と気づかされることが多分にあります。私同様のギャップを感じているのであれば、お勧めです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示