サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. にま玉子さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

にま玉子さんのレビュー一覧

投稿者:にま玉子

3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本モンゴルと大明帝国

2016/04/10 01:28

元明時代の教科書的存在

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

原書では、元明というタイトルでした。明清というくくりになれていたので、最初は違和感がありました。明は、モンゴルから中華を回復したというよりは、様々な面でモンゴルを継いだ部分もあることを知った作品です。

図版も豊富、政治的つながりに興味のある方にはぜひオススメします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本永楽帝 華夷秩序の完成

2016/04/16 01:28

一次史料と照らしながら

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

永楽帝関連の書籍には決まって方孝孺に「燕賊簒位」と書かせ、滅十族のエピソードとあわせて、彼を悲劇の主にしたい様子。実録にはその事実が記載されていない。『明史』によれば、劉伯温の次子劉エイ(王+景)の「殿下百世後、逃不得『簒』字」とあるので、これを種にした脚色であろう。

どちらかというと小説要素も入った印象があり、客観的に読むように心がけたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本中国の歴史 09 海と帝国

2016/04/15 16:21

予習が必要

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

この本を読む前に、まず明清時代の勉強が必要です。海と帝国と題うっているように、「交易」から見た明清時代史です。前提となる知識がないと、少々難解です。
最初は、経済中心か~と思い、読むスピードがなかなかあがりませんでしたが、清の官僚、ベトナムの海賊など、興味深いエピソードもあります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示