サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 安里梢風さんのレビュー一覧

安里梢風さんのレビュー一覧

投稿者:安里梢風

1 件中 1 件~ 1 件を表示

平成版「巨人頭山満翁」

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

本書の登場人物(順不同)を列挙してみると、西郷隆盛、大久保利通、高山彦九郎、加藤司書、高杉晋作、野村望東尼、高場乱、平野国臣、前原一誠、板垣退助、植木枝盛、楠瀬喜多、中江兆民、山岡鉄舟、伊藤博文、品川弥二郎、井上馨、山縣有朋、松方正義、大隈重信、陸奥宗光、山座圓次郎、三浦梧楼、川上操六、八代六郎、荒尾精、大井憲太郎、柴四朗、徳富蘇峰、佐々友房、来島恒喜、平岡浩太郎、安川敬一郎、箱田六輔、進藤喜平太、進藤一馬、内田良平、杉山茂丸、夢野久作、中野正剛、広田弘毅、緒方竹虎、東条英機、東久邇宮、吉田磯吉、中村天風、明石元二郎、後藤新平、孫文、黄興、蒋介石、宮崎滔天、山田良政、末永節、萱野長知、寺内正毅、犬養毅、金玉均、李容九、溥儀、ラス・ビハリ・ボース、チャンドラ・ボース、タゴール・・・・・。これは頭山満を軸にした一大日本近代史である。分厚い本だが、読みやすく、逸話が多くちりばめられ、面白い。胸のすくような痛快な一冊だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示