サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 読者さんのレビュー一覧

読者さんのレビュー一覧

投稿者:読者

1 件中 1 件~ 1 件を表示

稲葉事件の全貌

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

古井戸の闇、その奥底の汚泥まで見てしまった、そんな思いにかられる書だ。
2002年7月、北海道警は、元道警銃器対策室幹部の稲葉圭昭警部を覚せい剤使用容疑で逮捕する。きっかけは長年、稲葉に警察用語で言うS(スパイ)として使われてきた男が自ら覚醒剤を所持して逮捕されるという自爆行為からだった。これが現職警部の拳銃密売、覚醒剤売買という道警を巻き込む一大不祥事の発端であった。
 だが、巻き込むという表現は実は適切ではない。稲葉のSだった男も、対策室で稲葉の直属の上司だった警視もその後、自殺とされる死を遂げる。道警は拳銃捜査のヤラセも、覚醒剤の売買もすべて稲葉一人に押しつけるべく狂奔するのである。
 その道警の隠蔽の陰を追って著者はSだった男の元の妻、母親、稲葉の愛人、道警の女性警察官、稲葉の父と、取材を重ねる。しかし著者がいまも貝のごとく口を閉ざす道警幹部の壁に突き当たったことは容易に想像がつく。それでもなお、この道警にいまもびまんする悪臭は行間から十分に臭い立っている。
 高級クラブのホステスをはじめ、愛人七、八人を持ち、札幌市内に複数の高級マンションを所持して外車を乗りまわしていた現職警官に「首なし(所有者不明)でもいいから拳銃を出せ」と督促していた幹部たち。この幹部たちは稲葉の所業を知らなかったとでも言うのか。
 著者は「これだけの不祥事にもかかわらず、幹部は一人も辞めなかった……稲葉のおかげで出世し、権力の座を上りつめた幹部たちは、今でものうのうと居座っているのだ」と憤る。下はあっても上がない道警の首なしは捜査どころか処分もまたしかりだったのである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示