サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. にゃっつさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年2月)

にゃっつさんのレビュー一覧

投稿者:にゃっつ

10 件中 1 件~ 10 件を表示

紙の本サンマの丸かじり

2017/01/16 19:58

偉大なるマンネリ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

東海林さだお先生ほどエラい先生はいません。
でもあと何冊丸かじりシリーズが読めるのかと思うと暗澹たる気持ちになります。
食文化のみならず、時代時代の風俗を体験して考察する、その高級な野次馬精神。
どんなに心が荒んでいても、読めば思わず「んだんだ」とニヤリと笑わされてしまう軽妙かつ高尚な筆致。
この人の前にこの人なく、この人の後にこの人なし。
この巻も期待通り、いや、期待以上でしたが、ホント。
あとどれくらい読めるんでしょうか。
いつまでもお元気でいてください。
お願いいたします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

もうたまらん

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

猫好きにはたまらない非常に非常に非常に秀逸なコミックス。
柔らかで精緻な描き込みの絵は、心のどこかにあった自分の原風景のように懐かしい。
あまりデフォルメせずに特徴を生かした猫たちの表情は生きている猫を見るかのように可愛らしい。
ストーリーもしっかりしていて、妻との別れの場面は号泣必至。
ねこまきさんの他の作品もきっと読んでみたくなるはず。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本天子蒙塵 第2巻

2017/01/16 19:35

迫力の展開

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ご存知浅田次郎先生の蒼穹の昴4部作の第4部。
まだ2巻目ということもあり、浅田節は炸裂するに至っておりませんが、随所にちりばめられた中国語のセリフが輝きます。
薄幸の清朝最後の皇帝溥儀の心中が細かく緻密に描かれています。
ファンならずとも蒼穹の昴から読み直したくなること必至の名作です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

素敵なカレンダー

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

今年はもうはじまってしまいましたが、今からでも買って損はないカレンダーです。
なんと1月始まりではありません。
11月始まり。
ああ、もっと早く知っていればなぁ、と思いました。
カレンダーの常で、一年全部を見ていませんが、コミックスの場面の転用ばかりでないことを祈ります。
めくるのが楽しみです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

期待通りの展開

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

なかなか進まないのがなかいまさんの特徴ですが、このシリーズも同様。
読者としてはチームきりたんぽの再結成を期待しているのですが、ストーリーはふざけたシリーズ名同様にびばとの擬似恋愛でうろうろ。
さくさく進めて欲しいものの、草太のダイナミックなスイングも見たいので仕方ない。
展開が読めない物語に一喜一憂する読み応えありの期待通りの作品です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

役に立ちます

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

支社勤務で長野県で働いていますが、悩むのが支社長に持たせる手土産。
信州はお土産物の宝庫ですが、それは他県に対して。
県内で信州土産もないもので、選択に苦慮していましたが。
この本で選んでお取り寄せして持って行ったら、先様は大喜び。
なにより日経新聞ブランドですから。
非常に重宝しています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

シブい!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

原作はノンフィクションの旧帝国大学だけに残っている寝技中心の柔道に取り組む青春群像。
派手な立ち技より過酷で苦しい柔道の原点を守り続ける若者たちを北海道大学を舞台に描く。
コミックス化するにあたり、一丸氏を選んだ編集者はすごいや。
ビッグコミックオリジナルで連載されているが、休載がちで、まとめて読める単行本は、面白さを十二分に味わえる。
こんな生き方もあるのかと、憧れてしまう秀作です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本パリわずらい江戸わずらい

2017/01/16 19:49

旅に出たくなる

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

おなじみ浅田次郎先生のエッセイ集、第3弾。
(だったと思います。4弾かな?)
某航空会社の機内誌の連載らしいです。
2つある大手航空会社の一度潰れて国民の税金で更生した方。
なのにこんなに原稿料の高い先生に書かせるのはある意味立派。
先生もよく引き受けたものだけど。
環境はともあれ、内容は面白い。
あまりためにはならないけど、面白い。
エッセイの常套手段として筆者を貶めて道化にするという手法がありますが、まさに王道をゆくエッセイ。
読んでいるとだんだん先生の贅沢な悩みに食傷気味になりますが、読み終わるとまた次が読みたくなる。
素敵な時間潰し本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ちょっと読みづらいかな

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

人間60近くなると、若者とのギャップに悩み出すものです。
私もそのご多分にもれず、若者の言葉遣いがおかしくないかと悩んでいました。
この本を読むと言葉は変化していくのだと理解できましたが。
別に五十音順にしなくてもよいかと思いましたが、内容が充実しているので、ま、いいか、と。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

あっと驚く

9人中、8人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

身体が元来硬く。
大開脚はあこがれ。
東京で窓横の広告を見て飛びつくように購入しましたが。
製本は非常に柔らかく、買ってすぐに開いてもベターッとなるほど。
これは編集者の素晴らしいアイデア。
中身はトレーニングが4週間分。
ほんの数ページ。
後は筆者の「小説(?)」。
なんとまぁ、という感じ。
これで4週間後に願った結果が得られなければ、すごく高い買い物かも。
とりあえず書店でご確認ください。
私はトライしてみますが。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

10 件中 1 件~ 10 件を表示