サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 鈴さんのレビュー一覧

鈴さんのレビュー一覧

投稿者:鈴

2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本1998年の宇多田ヒカル

2016/04/21 09:25

天才たちの姿

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

それぞれの音楽スタイル、感性ごとの天才たちをわかりやすい言葉で評している。
才能ある人達が、面白い時代に雨後の竹の子のごとく出てきて、意識し合ったり距離を取り合ったりしながら切磋琢磨し、リスナーの心も掴んでいる様子がなめらかな言葉で書かれており、面白かった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本はじめての古事記 日本の神話

2016/04/21 09:29

小学生が古事記の世界に入るには最適の本

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

平易で読みやすく、読み聞かせするにもしやすい。小3くらいであればラクに読める文体と文字の大きさであるところもよい。
おしりから神様が生まれてきたり、嫌がらせにすることが下ネタのようなものだったりと小学生に読むと思いの外ウケます。
古事記は口伝えで人から人へ渡ってきた伝承を集めたものなので、当時の人が面白おかしく聞いたものは現代の子どもにも面白く響くという発見が大人にもあります。
日本という国の成り立ちと物語ることの面白さを知る入り口となる本ではないかと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示