サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. たっちゃんさんのレビュー一覧

たっちゃんさんのレビュー一覧

投稿者:たっちゃん

4 件中 1 件~ 4 件を表示

おもしろい

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

図書館で借りて読んだところ面白かったので購入。特定の武将の伝記でなく東国史という視点なので広い視野で理解で来ました。
とくに六斎市、撰銭、寄親・寄子などよくわかった。このシリーズ揃えていきたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

かえって生々しい

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

八甲田山に行ったのをきっかけに購入。八甲田山遭難事件を扱った書籍はたくさんあるし、フィクションだが映画もある。残された家族のこと、当時の世の中の受け止め方、捜索に協力したアイヌの人達の苦労など、この本ほど生々しく訴えてくる本は他には無いのではと思えるくらい素晴らしい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

欲しかったんですッ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

北条氏康の子供のこと、両国内の主要な城郭のことが書かれた本です。宗瑞~氏康も好きですが氏邦、氏政も大好き。後北条は珍しく身内で争うことが無いように思われがちですが、だからこそ序列に厳しかったようで氏邦が苦労して実力で序列を上げていったこと、領土を最大にした氏政も優秀な跡継ぎだったことなどが解りとても良かった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本戦国大名の危機管理

2016/04/21 19:43

楽しく読めました

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

武田氏、上杉氏と比べると今ひとつ地味な北条氏といった印象だった。しかし地元が後北条氏に所縁の地であることから興味が湧き読んでみた。華々しい合戦の場面はないが検地、飢饉、貨幣の問題など北条氏康がどのように領国を護り、運営していったのかが解った。足元が盤石でないと外へ打って出られない訳で、戦国時代といえども毎日戦さばかりしてたわけではないよね、当たり前だけど。
『こういう本も読みたかったんだ』と気がつかせてくれた本。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

4 件中 1 件~ 4 件を表示