サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. えたんさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

えたんさんのレビュー一覧

投稿者:えたん

1 件中 1 件~ 1 件を表示

不思議な世界観に引き込まれた

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

今までヒトラー主観の話はタブーな印象がありましたが、この本が世界的に大ヒットしているという話を聞いて、興味がわき購入しました。最初読み出した時は、ヒトラーが現代によみがえり21世紀のドイツを1940年代の目線で見ていくというところが面白かったです。トルコ人の移民が多いのを見て驚愕したり、ドイツの若者の奇抜なファッションに嘆いたり、戦前の常識をもって現代を捉えようとするヒトラーが可笑しくもあり哀れでもありました。しかし、ヒトラーが現代の生活に慣れていくにつれて彼の回りの人間の意識が徐々に変わっていく、そして読み手である自分のヒトラーへの評価も変わっていくことを感じて、戸惑いました。当初は悪の化身である彼が現代生活に右往左往しているところを見て嘲笑っていたはずなのに、いつのまにか彼を応援してしまっている。。彼に理解者ができるととても嬉しくなってしまう。こう感じてしまうことにいいのか、困惑を感じながらも、楽しんで読めました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示