サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. いたちむしさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年9月)

投稿数順ランキング
先月(2017年9月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    中野 ジェームズ修一 (講師),日本放送協会 (編集),NHK出版 (編集)

    5つ星のうち 4.0 レビュー詳細を見る

いたちむしさんのレビュー一覧

投稿者:いたちむし

1 件中 1 件~ 1 件を表示

ブレーンの存在でテンションが上がり、壁を突破する

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

何らかの目標に向かって突き進むと、必ず壁(試練や、他の道へ誘う誘惑などがある)が現れる。その壁は、その目標に向かっている自分にしか訪れない壁(イベント)であり、壁を乗り越える度に、独自の創造的な生き方が見えてくる。しかし、その壁に足踏みをしていると、やがて、その目標に向かう気力が失われて行く。知識や経験さえあれば、その壁を乗り越えられるのに、今はそれが無い。さて、どうすれば、気力を取り戻し、知識や経験を習得して、再び、壁に挑戦するようになれるのであろうか? 

気力を取り戻す役割となるのが、ブレーンである。ブレーンには、a.無意識の中の自分(日記を付けて、自問自答をすると、出現するもうひとりの自分)、b.書物など活字の中の他者(歴史上の人物から現代の人物まで)、c.相談相手(同じ方向を向いているので、発想が似ている)、d.対立者(真逆の方向を向いているので、自分の思いの付かない発想を持つ)、e.人間以外の物(猿犬雉などの生物から、四季や災害などの自然の摂理まで、人類がなかなか思い付かない発想を持つグループ。ただし、彼らの声を聴くためには、謙虚な姿勢で研究に研究を積み重ねなければならない。)、以上、5種類が存在する。本書は、薄くてサクサク読みやすい本ながら、(a)から(d)までのブレーンを得る方法を大方説明している貴重な本である。

貴重な本ではあるが、世の中の多くの人がブレーンを求めていないのが残念である。世の中の多くは、生きた証(金、権力、業績、子孫繁栄、持ち家など)の蓄積を喜びとしており、志という大きなひとつの目標に固執することがないため、それほど多方面からのブレーンを必要としない。一方、志へと突き進み、生きること自体を喜びとする人々は、様々な種類のブレーンの必要性を身にしみて感じているが、(生きた証が得られなかったという事態によって、志に目を向けるという幸運を授かったという偶然上)世の中の少数派である。それが、この本が未だブレークしていないことの原因の一つではなかろうか?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示