サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. Kircheisさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年3月)

投稿数順ランキング
先月(2017年3月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

    3月のライオン(1)

    3月のライオン(1)

    羽海野 チカ(著),先崎 学 (将棋監修)

    5つ星のうち 4.5 レビュー詳細を見る

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    はらぺこあおむし 改訂

    はらぺこあおむし 改訂

    エリック=カール (さく),もり ひさし (やく)

    5つ星のうち 4.5 レビュー詳細を見る

Kircheisさんのレビュー一覧

投稿者:Kircheis

1 件中 1 件~ 1 件を表示

抽象の破壊力

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

プログラミングの原理原則を「プリンシプル」と括って紹介している。
抽象度の高い情報に終始しており、具体的なコード例などはない。
プログラミング技術書としては、あまり見ないタイプの本である。

ただ、プログラマ一として「知っておかなければならない知識」が
かなりの網羅率で提示されており、かつ各々非常に丁寧に解説されていた。
とくに、各プリンシプルについて、必ず「なぜそれが必要か」が明確に説明されている。
これがあるので、抽象寄りの情報ながら、「実際に使える」情報となっている。
(「How to本」ならぬ「Why本」である。)

しかも、抽象度が高い分、適用範囲は果てなく広い。
読むにつれ、視点の高さが、いやがおうにも上げられる。
問題を(不遜な意味でなく、視野的な意味で)上から見下ろせるようになる。
その高さは、位置エネルギーであるかのように、現場で具象に落とした時の効果は計り知れない。
プリンシプルは101個あるので、相当に投資対効果の高い本だ。

本書で「抽象」、リーダブルコードで「具象」を押さえて、
あとはそれらの観点を持って経験を積めば、自然と「よいプログラマー」になっていくだろう。
確かに、プログラマ必携の書だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示