サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. あつねさんのレビュー一覧

あつねさんのレビュー一覧

投稿者:あつね

新しい奇巌城。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

これまで誰も成し得なかった暗号解読の行程と城の内部の完全ビジュアル化に、おそらく世界で初めて成功したであろう作品です。
再現度の高さにフランス人もきっと驚くことでしょう。(本巻は2016年9月頃にフランスでも刊行予定)

そして奇巌城の発表以来、長きに渡りホームズファンとルパンファンの間に亀裂を生じさせていた衝撃のラスト。アバンチュリエは既存の翻訳本にはない新しい奇巌城を魅せてくれました。ハーロック・ショームズはルパンにとって最強の敵。そのことをこのアバンチュリエという作品は常に強調してきましたが、それはすべてここに集約されていると思います。

森田先生の原作者ルブラン先生への尊敬と、ホームズファンでもある作者のショームズへの愛情を見事に昇華して描き出されたラストを、ぜひご自身の目で確かめてみて下さい!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

詳細に描き出された、壮大な仕掛け。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

フランスの片田舎から始まった物語は高校生探偵イジドール・ボートルレによって謎が解き明かされて行くにつれ、フランスの歴史そのものに関わるさらに大きな謎を呼ぶ。
小説では僅か数行の文章も逃すことなく丁寧に描くことによって、この中盤のボートルレ少年の推理部分が後の展開にとってどれ程重要か、それをアバンチュリエを読んで初めて実感しました。
フランスの歴史、文学、地理といった私たち日本人ではいまいちピンとこなくて思わず読み飛ばしてしまいそうな部分も、絵が付いてみると驚くほど分かりやすい!歴史好きでもある森田先生の力量には本当に感服です。
原作者モーリス・ルブラン先生が作り上げた壮大な仕掛けをぜひ堪能してみて下さい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

待望の完全漫画化!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

『ルパン三世』のモンキー・パンチ先生も漫画化したかったとインタビューで答えている程、魅力的で愛され続けた名作がついに完全漫画化しました!
しかもただ漫画にするのではなく、しっかりと時代考証されたビジュアルは勿論、一人ひとり愛情を持ってその人物像を掘り下げることで、さらに生き生きとした魅力的なキャラクターに生まれ変わった登場人物達が、それでも決して原作から離れることなく忠実に描き出されています。
子供の頃にルパンシリーズを読んだ事があるという方、内容は詳しく覚えてなくとも『奇巌城(奇岩城)』の題名は記憶にあるのではないでしょうか?
ルパンの名前は知っているけど話は三世しか知らないという方、本家アルセーヌ・ルパンを知るとルパン三世がさらに面白くなりますよ!
そして何より、かつて奇巌城を読んでルパンが嫌いになったというホームズファンの方、このアバンチュリエでは最初の『登場編』からずっと「シャーロック・ホームズ」表記ではなく原作準拠の「ハーロック・ショームズ」を拘りを持って使用されています。それがどの様な意味を持つのか、ホームズファンでもある森田崇先生が描く渾身の作品をぜひ読んで下さい!!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する