サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. piccolo_bucoさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

piccolo_bucoさんのレビュー一覧

投稿者:piccolo_buco

3 件中 1 件~ 3 件を表示

Wordpressの入門書を補完する本

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

初心者はテキストにある、ちょっとしたコードの違いでもとまどいがちです。そのあたりの不安要素を解消するには良い本だと思います。例えば・・・

<?php
if (条件){真の処理;}
else{偽の処理;}
endif ;
?>

<?php
if (条件):真の処理;
else:偽の処理;
endif;
?>

<?php if(条件): ?>
 真の処理
<?php else : ?>
 偽の処理
<?php endif; ?>

これらがすべて同じであるということがわかっただけでも安心でした。

ただ、PHPの専門書ではないので、本当の初心者以外にはものたりないと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

HTMLとCSSが理解できていることが前提

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

システム導入のためのローカル環境を作成するところから、Wordpressのインストール、そして利用方法の説明と、タイトルにある「基礎から」という言葉通りです。特にWordpressを取り扱う上で必要になる関数やループについて、第4章でしっかり説明されており、ここまではステップバイステップという書き方になっています。第5章になると一転して、あらかじめ提供されているひな形にそって説明が展開するので、特になにも作業をしなくても「動く」サイトになっています。

他の入門書と比較して、サンプルとして用意されているサイトの事例が美しく(これは筆者のセンスによるところが大きい)、とても魅力的なのですが、初心者にとって、それがWordpressの機能によって成立しているのか、CSSの機能によって成立しているのか、そのあたりの判断ができないと思います。例えば、第5章のサンプルサイトでは、サイドバーが左側に表示されているのですが、Wordpressの記述のままだと右側に表示されるはずです。これはCSSでネガティブマージンが設定されているからだ、という説明が無いので、ちゃんとCSSが理解できないと???になってしまいます。同じように、Wordpressの記述では、サイドバーが最初にタイトル、次にイメージ画像、次にリンクと記述されていますが、これもCSSのマージンを使って一番上に画像、次にタイトル、次にリンクが表示されるようになっています。

このあたりはWordpressに沿った表示のままの方がわかりやすいと思います。さもないとCSSファイルをしっかり読み込む必要があります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

誤記が多すぎ、ソースダウンロードなし

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

翔泳社のサイトに登録されている正誤表を見てうんざり・・・
誤記が多すぎる。

しかもサンプルソースのダウンロードがないので動作確認は、すべて自分で入力する必要がある。
不親切。

同じ用途の本ならば『Bootstrapファーストガイド』をオススメします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示