サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 岐阜の森人さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年9月)

投稿数順ランキング
先月(2017年9月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    中野 ジェームズ修一 (講師),日本放送協会 (編集),NHK出版 (編集)

    5つ星のうち 4.0 レビュー詳細を見る

岐阜の森人さんのレビュー一覧

投稿者:岐阜の森人

2 件中 1 件~ 2 件を表示

電子書籍村上春樹と私

2016/11/28 15:00

翻訳の奥深さを感じましたよ

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

久々にデジタルで読書した。日米開戦当時の在米日本人の苦難を描いた「日々のひかり」に感動をしたので、J・ルービンさんのエッセイを読んでみた。エピソードがいろいろあるが、第一部では翻訳にあたりルービン氏は村上さんに実際色々確認して正確を期していることがよくわかった。私自身名作「ねじまき鳥クロニクル」は何故か奇妙にもルービンさんの英語翻訳のみでしか読んでないが、日本語原作のイメージがよく分かったことを覚えている。エッセイ第二部の誤訳についての追求している執念深い?日本人(クレイマーではなく本当の学者だと後で分かるが)に対する真摯で正直な氏の態度に人柄を感じた。翻訳者としてのあるべきで姿であり氏は本当に信頼できる方と分かった。又能や日本文化にも何にも増して私以上に造詣が深くその点でも親しみと同時に敬意が湧いた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

旅って何だろうね

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

国内外の一定住んだ、あるいは短期間住んだ場所ついてのエッセイ。一定期間住んだ地域には特有な愛着があふれる。例えばボストン。読んでいるとあの有名な球場に足を運びたくなる。このタイトルにあるように、気負いなく自然と旅に出てそして新しい空気に触れることが喜びに繋がる。不思議なことに旅は「孤独」であればある程周りが近づくので…。人間関係のように変な煩わしさもない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示