サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. NAさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年2月)

NAさんのレビュー一覧

投稿者:NA

1 件中 1 件~ 1 件を表示

甘えていいよ

2016/05/24 19:41

こんな怖い本だと思わなかった

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ネタバレです。

小柄な大学生の家庭教師と、大柄でおっさんみたいな高校生のラブロマンス。バラバラで読んでた時は、ただのイチャイチャものかと思っていました。
とんでもなかった。
単行本で初めて読んだ時、その怖さに、思わず泣いてしまったのです。

ヒロインは自分の非力さを知っている。力で男性に対抗できないこと、自分が性的な対象にされた時、簡単に逃げられないことを身体で思い知っているのです。若い頃から、大人の食い物にされてきたことも自覚している。
なので、主人公高校生の友人二人からレイプされた時も、怪我をしない形を選んでしまう。
そこでまず泣きました。
もちろん彼女なりの自衛方法をもっていて、二次被害を受けないようにするのですが、そこでも泣いてしまう。

そして、なにが怖いといって、友人の彼女だということを知っているのに、二人がかりでレイプする男性高校生二人の心理。しかも二人は、女性に飢えているのでなく、彼女持ちで、性交渉ももっているのです。それなのに、大学生・年上・避妊している、という属性をヒロインがもっているだけで、「レイプしていい」と考えてしまう。
怖い。本気で怖い。人を道具以下の扱いをすることに疑問をもたない。友人が自分の彼女をレイプされたらどうか、とも思わない。反対に、自分たちの彼女がレイプされたら、とか、そんなことも想像しないのでしょう。
しかし、そういうことって、とてもありそうな気がする。

何度も読むと、作者の描きたかったギャップ物のおもしろさも見えてきて、泣かずに読めるようになりましたが、怖かったです。
怖いと思わないで読める人も、いるとは思いますが……

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示