サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. ゆうゆうさんのレビュー一覧

ゆうゆうさんのレビュー一覧

投稿者:ゆうゆう

8 件中 1 件~ 8 件を表示

紙の本ふるさと銀河線 軌道春秋

2017/10/29 03:12

家族と鉄道の短編

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

高田さんが書いた現代小説。コミックの原作だったそうです。
家族を主テーマとして、様々なローカルな鉄道線を絡めて描いた短編9編。
孤独や寂しさや優しさや、切なさや。。。
さまざまな車窓を思い浮かべながらいろんな家族の物語を読むって、なんて素敵なんだろう。
おじいちゃんと孫のふれあいの物語「ムシヤシナイ」が一番のお気に入りです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ジヴェルニーの食卓

2017/10/29 02:18

有名画家と絵画にまつわる。。。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

4人の画家とその作品にまつわる、史実に基づいた逸話をストーリー仕立てにした4編。
どのお話も、心が温まったり切なくなったり、ほろっとさせられたり。。。
時代に翻弄されながらも描きたい絵を描き続けた執念、画家を支えた家族や周りの人々など、名画の背景にあるものが見事に表現されている。
4編の中で最も好きなのは、表題作であるモネの物語だろうか。大画家の温かい人間性と家族への愛情にジーンとさせられる。
そのほか、ドガの描いた踊り子の絵について、中野京子氏の『怖い絵』でも意外な事実が書かれているが、そのドガと関係のあったエミリー・カサットの語りによる「エトワール」も良い。この本を読んでいるさなかに電車広告で、カサット展が開催されていることを偶然知り、観に行きたくなった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本下町ロケット 2 ガウディ計画

2017/10/29 01:02

仕事のありかたについて考えさせられる

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

それにしても佃製作所は毎回難題を抱えるもんだ(笑)
エンジンやロケットのバルブを手掛けてきた下町工場が挑戦するのはこれまでとは畑違いの医療機器。
相変わらず足を引っ張ったり横槍を入れてくる意地悪な輩に四苦八苦しながらも、社員が一丸となって乗り越えていく。
このパターンは前作やその他の池井戸作品と変わらないのに、それでもやっぱり面白いし、読後の爽快感は何とも言えないんだよなぁ。。。
特に今作では、心臓手術の現場での臨場感がスゴい。中盤でたった3ページ描かれているだけだが、そこに一村医師の思い、人工心臓弁に賭ける思いを感じ、胸が熱くなる。
(↑この医師の役にせめて沢村一樹さんあたりが演じてくれればドラマもグッと引き締まったものになったかもしれないけど( ;∀;))

前作でもそうだったが、今作でも、会社の在り方、仕事とは何か?改めて考える良い機会になった。
社員を一から育て苦楽を共有しようとする佃製作所に対し、社員は元々能のある者を引き抜き採用してきて仕事は能力主義個人主義的なサヤマ製作所。最近では後者のような会社が増えてきているのだろうか。
私は出産を機に一度退社し、在宅で仕事を請け負い7年後、復職した。いろんな働き方をしてきた。7年前はどちらかというと佃製作所寄りだったわが社だったが、いざ復職してみると随分と社内の雰囲気が変わり、若干だがサヤマ寄りの社風になっていることに少しとまどいを感じた。7年という時間はあまりにも長すぎた。時代の流れといえ、やっぱり一抹の寂しさを感じてしまう。
(能力主義な在宅での仕事についても思うところはいろいろあるが、ブックレビューの本筋から外れてしまうので省略します(笑))
今の自分の仕事は、何のために?誰のために?やりがいはあるのか?夢を持てるのか?いろいろ言い出したらキリがないけど、とにかく今はこの仕事に満足しているし、誇りを持っている。
最後はすっかり私事になってしまいました。失礼しました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本翻訳百景

2017/10/29 01:00

翻訳書の魅力を教えてくれる一冊

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

翻訳について小難しく書かれている本かと身構えて読んだが、
とても読みやすく、楽しみながら読むことができた。
またそれだけでなく、濃い霧の中をさまよっているような状態の自分の心の中に一筋の道を照らしてくれたような、厳しくもあるが温かい励ましをいただけたような、そんな気持ちにもなった。
読みながら、本の中に線を引きたくなる箇所がたくさんあった。私のように翻訳に携わりもっと上を目指している者はもちろんだが、どんな職業でもスキルアップを目指す人々にとっても指南となる箇所が多くあったのではないかと思う。
私自身、英文科出身なのですが、学生の頃読んだ、というか、読まされた古典文学はどれも難解で(笑)いや、きっと私の読解力が悪すぎただけなのだろうけど。。。それ以来海外文学は避けて通る羽目となった。
しかし越前氏の訳書「ダ・ヴィンチ・コード」を読んだことがきっかけで、海外小説にも手が伸びるようになった。
言葉の力って偉大だ。選んだ言葉ひとつでその作品の良し悪しに影響する。読者の心にどれだけ響くかも変わってくる。読者をその作品の世界へと誘い魅了できる文芸翻訳という仕事ってやっぱり素敵だな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本あきない世傳金と銀 2 早瀬篇

2017/10/29 02:46

第二弾

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

波乱に満ちた第2弾。
第1弾のレビューで誰もが予想した通り、幸は14歳で4代目の後妻に納まる。
祝福してくれる人は少なく、決して幸せな結婚とは言えない。
前途はいばらの道しかない状態だが、それでも五鈴屋のために役に立とうと頑張る幸の姿には心を打たれる。
クセの強い三兄弟に振り回される幸。14歳の少女を翻弄する大の男三人。4代目徳兵衛、こいつは最悪だ(笑)。一方で第1弾ではただの嫌味な奴だった次男の惣次が今作では意外な一面を見せている。3弾ではさらに彼の存在感が大きくなるようだ。
全体的に緊迫感に満ちた今作だが三男の智蔵が登場するとなんだかホッとする。もっと出番が多ければいいのに。。。
少女から大人の女性へと成長する過程の幸。第3弾では彼女のさらなる飛躍と、幸せを願いたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本想い雲

2017/10/29 01:14

旬の料理と、商売敵?

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

今回も四季折々の、ささやかだけど魅力的な料理で周りの人々を幸せにしてくれる、料理人、澪。
しかし出る杭は打たれるということか、相変わらず公私ともども前途多難で、いろいろな苦難が澪の背中にのしかかる。
今作では若旦那佐兵衛の行方、野江、小松原。。。進展があるようなないような?
つる屋を苦しめる商売敵の出現?
様々な困難にくじけそうになりながらも、それでも何とか持ち前のファイトと笑顔で乗り切ろうとする。そんな姿にいつも励まされ、温かい気持ちになる。
「う」のつく料理は実は今夏実行したばかり。
きゅ「う」りとタコの酢の物を作ったよ(^^;

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本あきない世傳金と銀 1 源流篇

2017/10/29 01:03

少女の波乱万丈な人生の始まり?

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

学者を父に持つ少女「幸」は、家族で慎ましくも幸福に暮らしていたが、
飢饉に見舞われ、疫病で最愛の兄と父を亡くす。
そして父の嫌っていた商家へ、9歳にして奉公に入る。
女子は人生の選択権を持てなかった時代。苦労に苦労を重ねながら女中としての毎日をたくましく生きる幸の姿には元気がもらえる。
今作ではもしかして幸に人生最大のチャンスが??というところで終了。
次作がとても楽しみ(^-^)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本動機

2016/05/26 01:04

「64」を読む前に。。。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

4つの中編が収められている本作。
どれをとっても重厚で、長編と同じくらいの読みごたえを感じる。
人ってどうしてこんな心の奥深くに闇をかかえてしまうものなのか?そしてどうしてこんなに欲深い生き物なのか?
4作のどれを読んでも、人間の見てはいけない本性を見てしまったようで、ぞっとさせられたり、その一方で同情してしまったり。。。そしてそんな欝々した気持ちを一瞬で忘れてしまうような意外な結末が待っている。
この後は「64」を読むことになるだろう。どんな世界感が私を待っているのか?楽しみだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

8 件中 1 件~ 8 件を表示