サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. エージェントイチローさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年3月)

投稿数順ランキング
先月(2017年3月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

    3月のライオン(1)

    3月のライオン(1)

    羽海野 チカ(著),先崎 学 (将棋監修)

    5つ星のうち 4.5 レビュー詳細を見る

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    はらぺこあおむし 改訂

    はらぺこあおむし 改訂

    エリック=カール (さく),もり ひさし (やく)

    5つ星のうち 4.5 レビュー詳細を見る

エージェントイチローさんのレビュー一覧

投稿者:エージェントイチロー

6 件中 1 件~ 6 件を表示

これは愛の物語です

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

主人公は悪魔退治をしながら妹と旅をしています。
ある町でいつものように悪魔退治を
しますが、ある理由で町長は退治料を
払いません。
いろんなストーリーでよくある設定ですが、
ホントこういうことって不公平だし、現在なら
弁護士に出動して欲しいですね。
コレをやってしまうとファンタジーではなくなってしまいますがね。

主人公は何故妹と一緒に旅をしているのか
最後にわかりますが、これは兄妹愛に他ならないと
思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本猫の手、貸します

2016/12/22 06:55

猫好きの方にオススメ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

時代劇が苦手な私にも楽しく読めた作品です。

ある事情で白猫になってしまった旗本の跡取りの近山宗太郎。長屋でよろず請け負い家業「猫の手屋」を営んでいます。現在ならばこの長屋の住人のように白猫の宗太郎をすんなりと受け入れることが出来るとは思えません。
彼らだからこそ「猫先生」と呼んで親しく交流できるのではないでしょうか?
猫先生は生真面目で意外と若いんです。
いつか人間に戻れる日まで、宗太郎の活躍は続きます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

初心者向BLかな?

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

この作品はキャラ立ち
していると思います。
なんといっても主人公の吉田くんがカワイイんです♪
ブサイク設定ということですが何かのキャラクターのようなカンジで
性格も身長の低さも。顔もとっても私の好みです♪
彼の友人たちもかなり個性的なカオと性格をしていて、ホント
BLギャグですヨ。
吉田くんの彼氏の佐藤くんもただのイケメンではないので
笑えますし。
もう何回も再読してしまいました。
続巻もあるようですし、いつまでも続いて欲しいですネ。
ガンバレ吉田くん!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

19世紀末のロンドンへようこそ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

主人公は仕立て屋の4代目ジェレミー。探偵役は彼の友人(?)で服飾デザイナーのエドガー。
当時のファッションや文化、風習などが感じられます。
それでいてミステリがうまく溶け込んでいるので
読んでいてあきません。
このレーベルはライトノベルになっていますが、
大人が読んでも十分堪能できるハズ!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

本格的な学級会

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

学校内で起きた事件を解決するのは
小学生の弁護士、検事そして幼稚園児の裁判官!
情報を収集してキチンと小学生とはいえ真相まで
たどり着く過程は大人の法廷と変わりませんね。

主人公は弁護士ですが彼と仲間にはある暗い過去が
あるのです。
まだ小学生なのに・・・

その謎も興味がありますが、法廷のやりとりなども楽しんでください。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本TRICKSTER 1

2017/02/28 23:54

現代版少年探偵団

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

中学生の時にポプラ社から出版されていた
「少年探偵団シリーズ」を夢中で読んでいたのをなつかしく思い出しながらこのコミックを手にとりました。
 
少年探偵団の団長だった”小林芳雄くん”は不思議な体質の少年になっている。明智小五郎は3代目でワイルドなイケメンだし。
探偵団はネット担当の14歳がいたりと、まさに平成の少年探偵団です。
メンバーのムードメーカー”花崎健介”くんが小林君を探偵団にひっぱりこみます。
彼はどちらかというと考えるより行動してしまうタイプの少年です。
花崎くんを中心にして物語が展開します。

最後に怪人20面相らしき青年が登場するので次巻が楽しみです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

6 件中 1 件~ 6 件を表示