サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. roseさんのレビュー一覧

roseさんのレビュー一覧

投稿者:rose

2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本ルイ16世

2016/06/27 15:10

読むべき本、おすすめです

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ベルサイユのばらから18世紀フランスに興味を持ち、マリーアントワネット初め、その時代の美術、絵画、フランス革命前後の歴史、現在残る18世紀のアンティークなど様々な角度から色々な書籍を読んだ中で、ルイ16世についても詳しく知りたくこの本を手に取りました。

「錠前作りと狩猟を趣味とし、優柔不断で、王の器とはいえない人物」そのぐらいにしかにしか思っていなかったが、この本を読み終えてから、ルイ16世に対する印象が大きく変わった。
博学で信心深く、おおらかで冷静沈着。そして、何より家族と国民への深い愛。フランス史上、彼こそが最も善良な君主であったと思う。

文章は読みやすく、ルイ16世の等身大の姿が浮かび上がる。
他書籍とは違う視点から、ルイ16世本人とフランス革命がなんだったのか?を学べる本だと思います。堅苦しい表現でなく、歴史書というのではなく、まるで小説のようで惹きこまれていきました。面白かったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

アントワネットへの印象がかわります

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

様々な本の中では、悪女のイメージで語られることが多いですが、本書では180度異なるもの。
“ファッション”という観点からマリー・アントワネットを描いており、意外にも倹約家であり聡明で賢い女性として描かれています。
高く結い上げた髪形は、大きく膨らませたドレスに合わせ視覚効果を狙ったものだが、すぐさま流行。
根底にはルソーの思想「自然に帰れ」の影響があったというが、その後、コルセットをはずした緩やかな農園ファッションなる「シミーズ・ドレス」を流行らせた。
さらに、フィガロの結婚など、おしばいにも自ら出演したり、新古典主義の芸術の育成にも貢献し、革命後の文化を先取りしていたのは間違いない。

歴史上におけるマリー・アントワネットの存在の大きさに改めて気づかされました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示