サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. しんのすけさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年9月)

投稿数順ランキング
先月(2017年9月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    中野 ジェームズ修一 (講師),日本放送協会 (編集),NHK出版 (編集)

    5つ星のうち 4.0 レビュー詳細を見る

しんのすけさんのレビュー一覧

投稿者:しんのすけ

1 件中 1 件~ 1 件を表示

一度さっと目を通してから

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

「「わかっている」を「できる」にする」というのが、この本の基本的な目的です。つまり、「頭ではよくわかっている基本文型を自由に操作できる」ようになること、「英文を考え込むことなく自動的に楽々と作り出せる」ようにすることを目指しています。中学レベルの英語、そして、単語もできるだけ平易なものにしていることが、特徴としてあります。これらのことから、内容が簡単すぎると感じる人もいるようですが、英語が苦手な人にとっては簡単な英文でさえ口から出てこないということは著者が英語教室を主宰するうえで感じていることだと思います。本書の構成はシーン別ではなく、文型別になっています。そして何回も繰り返してトレーニングすることにより、例文を覚えるのではなく、文型が自然と口から出てくるようになる。(というより、そうなるまで繰り返しトレーニングするというものです。)これらの考え方にはとても共感できるものがあります。しかし、指摘している人もいますが、例文が今一な感じがします。文型のトレーニングのため、多少不自然なところもあるということらしいので、最初のうちは納得してトレーニングしていました。しかし・・・。
“Who are you?” という文は、他の資料によればぶっしつけな言い方で、あまり感心しない表現のようです、文を覚えるのではなく文型のトレーニングということなんのでしょうが、何回も繰り返してトレーニングしていれば、覚えてくるものもあるはずです。そう考えると例文はもう少し精査してもらいたいと思います。他にも”May I ~ ?” の返事に、”Yes, you may.”となっています。文法的には間違っていないのでしょうが、普通は”Yes, you can.”ではないでしょうか。”Will you please ~ ?” という依頼の文型が出てくるのですが、私の勉強不足かもしれませんが、これまであまり見たことがありませんでした。同じ依頼の文型なら、”Could you ~ ?” の方が自然でよく見る文型と思います。
最初のうちは、おかしいと思う文は自分で調べて修正したりもしていたのですが、合っているのかどうか調べても良く分からない文も多くなってくると、例文を信用してトレーニングできなくなり、やめてしまいました。
ですから、一度さっと目を通してから、納得できたら購入することをお勧めします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示