サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. nashinokaさんのレビュー一覧

nashinokaさんのレビュー一覧

投稿者:nashinoka

5 件中 1 件~ 5 件を表示

葵ちゃん、本番に強いよね

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

私は、本番に弱くて必ず一つ以上のミスをしてしまうので、いきなり鑑定…しかも、何点もとか言われると一つくらい割ってしまいそう。

おっとりしているようで、芯が強いですよね。


京都の町並みとWEB版との二人の関係の違いを楽しみに読んでいます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

テンポがよくて読みやすい

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

へっぽこが好きだったので、作者買いです。

やっぱり読みやすい文章で好きな作風でした。

不動産鑑定に関しては大分ぼかして書いているので、もうちょっとうんちくが欲しいかな、と思わなくも無いけど、ライトノベルとしてはこんなもんじゃないでしょうか。

颯の性格が理屈っぽいキャラにしては、ひねくれていなくっていいと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本雲は湧き、光あふれて

2016/07/14 19:43

短編集でした。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

作者のTwitterをフォローしていると、高校野球のファンていうことがよくわかります。それで、須賀しのぶさんの書く高校野球がどんな話なのか興味を持ったので読んでみました。一つ目の益岡と須藤の話、私は一冊丸々この二人の話だと思い込んでいた。そこにポンと出てきた新人スポーツ記者…本当に混乱しました。きっと最後は繋がるんだ!え?戦争!?そんな感じで、三つ目の話に入るまで、短編集だとは気付かなかったです。それぞれ面白かったですけど、『ピンチランナー』と『甲子園への道』はもう少し続きが知りたかったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本水滸伝 1 九紋龍の兄妹

2016/06/30 08:42

最初の数頁で

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

思わず三回ほど読み直しました。

双子?妹?五紋龍?

原作を知っているほど、はてなが飛びまくる始まりだと思います。

初めは作者が女性だと思っており、ストーリー展開が男性的で良かったと胸を撫で下ろしたのですが、男性だったんですね。

お名前の漢字だけで早とちりしてすみません。
女性作者にありがちな情緒的な表現は、水滸伝という世界観には向かない、と思ったことがあって、その観念を払拭してほしいと思ったのも確かなので、男性だったことにホッとしつつ、ちょっぴり残念でした。

内容は展開が気になって楽しく読めました。
続きもぜひ読んでみたいです。

私の中で史進って『雰囲気イケメン』なイメージだったので、眉目秀麗っていう表現にはびっくりしましたけど。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本鬼神伝 鬼の巻

2016/07/09 15:52

高田崇史さんらしい作品

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

QEDの主張を登場人物を替えて語っているので、QEDを読んでいれば、先が読める作品だと思います。

QEDを先に読んでいなければ、きっと衝撃を受けたと思います。
評価の星の数も衝撃分増えたと思います。


それにしても、QED、カンナ、鬼神伝と読んでいると段々とファンタジー色が強くなって来ますね。

鬼神伝は少年が主人公だからか、児童書を読んでいる気分になりました。

息子がもう少し大きくなったら薦めてみようかな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

5 件中 1 件~ 5 件を表示