サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. Don Juanさんのレビュー一覧

Don Juanさんのレビュー一覧

投稿者:Don Juan

スペイン語学習万歳!

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

英語の学習情報は巷に溢れていますが、スペイン語の学習情報はなかなかありません。しかも、岩波新書で読めるなんて!スペイン語学習者としては、スペイン語の基礎知識が盛り込まれたり、大変満足な内容でした。又、米文学の翻訳者である青山氏がスペイン語の必要性を感じ、60歳にして留学を決意したくだりは素晴らしいと思います。トランプ大統領がメキシコ・米国国境に壁を築こうと画策したり、不法移民として中南米からの米国住民を排除しようとているようですが、米国文学への中南米スペイン語の影響の大きさがよくわかりました。是非、スペイン語留学に出かけてみたいと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本楽園への道

2017/05/27 20:27

ゴーギャンとフローラ・トリスタン及びペルー

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

楽園を探し求めていた画家ゴーギャンが、一時期ペルーで過ごした時代があったことを初めて知りました。また、女性と労働者との団結により社会正義の実現、楽園の実現を目指していたゴーギャンの祖母フローラ・トリスタンもまたペルーでの滞在がぞの人生の方向性に影響を与えたことを初めて知りました。ゴーギャンとフローラ・トリスタンの楽園を追い求める人生が並行して展開されていきます。ペルーのそして世界の最高のストーリー・テーラーであるマリオ・バルガス・リョサの巧妙かつ重層的なストーリーの展開に酔いしれました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

異文化共生

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

グローバル時代と言われている今、ヘイトスピーチや慰安婦問題など、日本と韓国・朝鮮との課題は山積している。しかしながら、江戸時代という鎖国時代と呼ばれている時代に、朝鮮との誠信外交が行われていたということに、驚きであった。今、その姿勢に多くを学ぶべきではないかと多くを考えさせられた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

めざせ通訳!

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

スポーツ通訳、エスコート通訳など、様々な通訳について紹介されていて興味深かった。扱っている言語も英語だけでなく、中国語やポルトガル語からセルビア語まで多様な言語通訳が紹介されているのが良かった。スペイン語ボランティア通訳の経験者ですが、大変参考になる内容でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

戦争は正当化できるのか?

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

著者のセプールベダは、スペインによる中南米のインディオに対する征服戦争は正当であることを、ギリシア哲学やキリスト教(カトリック)の観点から論証しようとしています。現代においても主に欧米の観点から戦争の正当性が主張されていることを、本書を読んで考えさせられました。是非、セプールベダの論敵ラス・カサスの著作、特に「インディアスの破壊についての簡潔な報告」と一緒に読まれることをお勧めします。1550年代にこのような論争が繰り広げられたことが、大きな驚きでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する