サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. ちーちゃんさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

ちーちゃんさんのレビュー一覧

投稿者:ちーちゃん

5 件中 1 件~ 5 件を表示

コメディたまにシリアス

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

タイプの違う見知らぬアラサー女子()3人が集まって同居するって文面だけで面白い

3人+αが会話してる中身自体は現実的な話が多いのに
ツッコミのキレが良いのでどんな会話でも面白いです
このセンスは素晴らしいと思います

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍きんぱつへきがん関西版 3

2017/02/25 13:57

モヤモヤする

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

物語全体で見れば10歳の女の子の思春期を描いたコメディです
男女の好きも分からなかった女の子が思春期を迎えて恋をしたり、告白されたり、最後には知り合いの妊婦さんの出産を見守り成長していきます

しかし本作で二郎とあんずの過去話が書かれていますがそれがなかなか闇が深くモヤモヤします
要約すると二郎とあんずは学生時代に恋人になり結ばれたのですがあんずが処女じゃなかったことにショックを受け、そこにちょうど長男が帰宅し「(じろじろ見て)今更恥ずかしがる関係じゃないだろw」「勘違いすんなよ(二郎)、あんずから誘ってきたんだ」等と言って兄貴が蒸発するわけです
その当時の二郎とあんずは高校生で作中で書かれていることが事実なら3兄弟は全員(長男も)ロリコンだということ
つまり長男はあんずがロリコンの守備範囲にいるうちに手を付けた可能性が高く、それもあんずから誘ったということです(ちなみにその影響で二郎はロリコンになります)

これには1巻と2巻を読んで二郎とあんずはなんだかんだいって過去のわだかまりを解消してくっつくんだろうなぁと思った自分にはショックでした

その後の話はシャルロットが二郎に恋(父性愛との勘違い)をしたり、二郎は迷いながらも父性愛に目覚めたりとそれなりに感動しましたが
結局二郎とあんずの仲は変わりませんでした
主役はあくまでシャルロットなのは分かりますがロリコン2人とあんずが生涯未婚なのかなぁと思うと素直に大団円とは言えなくやはり少しモヤモヤします

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍ヨタ話

2016/08/13 17:18

作者は鬼女住人?

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

3巻まで購入した上での1巻の感想です

ギャグのキレといいキャラといい正しくペケっぽい作品で面白いです
ただところどころに2チャンネルの(こじらせた)鬼女っぽいネタが散りばめられ特に2巻3巻は鬼女、気団スレのまとめサイトにありそうなネタが多いです
これは当時のペケ(90年~99年)の読者だった人で現在30~40台の女性を狙いうちした内容だと思われます

ですので2ちゃんねるの鬼女、気団スレのまとめサイトを“楽しんで”見てる人にはオススメできます
逆に鬼女、気団スレのまとめサイトが嫌いな人にはオススメできません
ちなみに私は大嫌いですが「鳩のポ太郎」と「嫁姑」ネタが結構ツボに入ったので相殺してこの評価になります

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

自己中心的、あるいは運が悪すぎた男の話 (※ネタバレあり)

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

登場人物が全員性格が悪いです
ただしその中で明確にディスられるのは主人公である園長先生だけなのが不満

その中でも特にどうかと思ったのは
海沢先生の元弁護士なのに偽装結婚を勧め、女性側の家事が下手で子供が可愛そうだからと男性側にフォローを求め、
女性側が本気になったのを男性側が拒絶したら男性側を軽蔑したりとか
吉野君というチャラ男がいますが、後出しで実は主人公をクビにできる立場であることをバラしたり、
保育士免許を持たず(この時代なら保育補助)にさも分かってますという言動を繰り返します

というか、作者のテンプレみたいな話の作り方ですが
後出しで「実は…」「実は…」「実は…」みたいのが今作はいつにもまして多すぎます
そしてその「実は…」でほぼ全ての被害を被ったのは(自業自得な面がほとんどですが)主人公です

主人公の運の悪さの一例を上げると
・若く見えて独身だと思った女性が二十歳前後の息子を持つシングルマザー(40弱?)
・チャラチャラしてる保育園の若手が実は↑の女性の息子
・しかもそのチャラ男は保育園の経営者で主人公をクビにできる権限あり(しかも保育者免許なし)
・↑の女性にシングル保護者との偽装結婚を勧められOKしたらその女性が精神科に通った方がいいレベルの重度のメンヘラ
・そのメンヘラを拒絶したらあらゆる人に人格否定をされる

最終巻で「表面だけを取り繕ったクズ」と酷評されてますが作中で起こる全ての出来事が
主人公にとってマイナス方向に動きすぎて「これは運が悪かっただけなんじゃ…」な気もします
片思い相手が普通に独身なら、チャラ男が経営者じゃなければ、偽装結婚の相手が普通の女の子なら……
恐らく普通に告白して普通に振られてそこで終わる話だったんじゃないかと思います

主人公は大人相手には自己中が目立ちましたが子供相手には良い園長であろうとしてたのでこのオチはちょっと残念です
まぁ母親と不倫して子供に優しく~とか言うのがドクズ扱いされてる一因でもあるんですけどね
なんていうか回避することが困難なイベントが目白押し、踏んだり蹴ったりでご愁傷様でした、というのが読後の感想です

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍腐男子高校生活(1)

2016/08/13 18:16

気持ち悪い

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

アニメ化ということで購入

間違ってたらすいませんですがこういったネタを女性作者が書いてるのが気持ち悪くて仕方がありません
なんというか萩尾望都さんの「残酷な神が支配する」、羅川真里茂さんの「ニューヨーク・ニューヨーク」を読んだ時のような気分になりました
BL好きの腐女子がズカズカと男性側の触れられたくない問題にただ自分が好きだからという理由で土足で踏みあがったような気分でした
(別にBLは嫌いではありませんが本格的にゲイを題材とした漫画を女性漫画家が扱うのが不満という個人的な問題です)
逆で例えるなら独身男性漫画家が「思春期の女の子が直面する問題」や「妊娠~出産」、「ビアン」を題材にした漫画を描いて
「本格的!リアリティがある!」と世間的に高く評価されたら同じような気分になるんじゃないかと思います

話は戻りますが今作は「腐男子あるある~」みたいなネタをやりたかったんだと思いますが明らかにベースが腐女子ワールドで
随所に作者の「腐男子はこうだったらいいな」「腐男子はこうだったらいいのに」という妄想上の腐男子の押し付けが強く
結果的に読者の「腐男子あるある~」的な共感を狙った漫画であるにも関わらず全く共感のできないファンタジーな話になっています
そして「腐男子あるある~」とリアリティのなさが噛み合ってなくただただ気持ち悪かったです

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

5 件中 1 件~ 5 件を表示