サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. くーたんさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

くーたんさんのレビュー一覧

投稿者:くーたん

1 件中 1 件~ 1 件を表示

テレビ関係者必見!日本初のテレビドラマは昭和15年だった!

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

日本のテレビは戦後に始まったと思っていたが、なんと昭和15年にはテレビドラマを2本も放映し、日本橋の三越や高島屋の軒先にテレビを10台も並べて、何万人もの人々が視聴していたとは夢にも思わなかった。すでに年間40日以上の実験放送をこなし、バレエやコーラス、落語に手品など色んな演目を放映していたらしい。
今年はリオ五輪だが、戦前のテレビも昭和15年に予定された東京五輪にあわせて、急速に開発されていった。血を吐くような努力にも拘わらず、日中戦争によって五輪は幻と消えたが、テレビ開発は続き、昭和16年12月の真珠湾攻撃の日の朝まで実験放送は続いた。当時の日本のテレビは実用化寸前のところまで来ていた。
当時のテレビカメラは性能が悪く、異常に強い光を当てないと映らなかった。だから日本初のテレビドラマ「夕げ前」でも出演した俳優(岩下志麻の父・野々村潔)の髪の毛が炎上し、衣服も焦げたという。役者が死んでしまうので制限時間は15分以内、ドラマに出すはずのスキ焼きの肉が煮え切らないことが分かり、慌ててドラマ内容を変更するなど、ドタバタの舞台裏だったそうだ。
筆者いわく、「照明の熱は当時のテレビ関係者の熱だ」と言い切っているが、その気持ちはわかる。いまのテレビは当時の彼らの努力の上にあるのだ、ということを知っておいて損はない!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示