サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 凱田伊太郎さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

凱田伊太郎さんのレビュー一覧

投稿者:凱田伊太郎

1 件中 1 件~ 1 件を表示

ドイツ的な教育方法

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

本書は日本とドイツの文化や生活など様々な面での違いを、著者の実体験をもとに書かれている。 私が特に関心を持った部分は、子供の教育方法である。 日本の教育は周りの人々と協力し協調性を養っていくことが主となっているが、ドイツでは個人の意見を尊重する事を教育の基盤としている。そのため、ドイツの子供は自立心を持つ時期が日本人より早く、10代前半の頃から将来の事を視野に入れるのが当たり前となっている。 この事を日本の教育でも取り入れていくべきだと私は思う。勿論協力する事はとても大事な事ではあるが、その反面、周囲に混ざる事で自身を主張する機会が減ったり意見を言わず周りに流される事に慣れてしまい、いざ大事な選択を迫られた時にしっかりとした判断が出来ない人が多いの現実である。また、集団でいるとどうしても上下関係が生まれてしまい、そこからいじめへと発展していってしまう。多少の集団行動は団結力を養うために必要だが、小学校のうちから少しずつ個人行動を習慣化させる事も必要だと私は推測する。さらに、ドイツでは5歳の時にはきちんとした文章で話す事が求められている。これもドイツ独特の教育で、自分の考えを上手く相手に伝える事を目的としている。日本でも、ドイツほど徹底させるわけではないがこれらを取り入れていけば、会話力や語彙力は伸びるであろうしその後の勉強にも良い影響を与えてくれると私は思っている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示