サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. wizard81さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年9月)

投稿数順ランキング
先月(2017年9月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    中野 ジェームズ修一 (講師),日本放送協会 (編集),NHK出版 (編集)

    5つ星のうち 4.0 レビュー詳細を見る

wizard81さんのレビュー一覧

投稿者:wizard81

6 件中 1 件~ 6 件を表示

電子書籍稲盛和夫の実学

2016/09/11 14:07

研究開発型/経営者から見た企業経営の道具としての会計

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

おそらくはこんな内容だったと思います。
会計は企業経営にとって重要である。ただし必要な一側面にすぎず、重要なのは会社が顧客のニーズに応えられ続けることであり、そのために会計によって会社の現状を把握することが肝要で、会計ありきではないのだ、というのが要旨ではないかと。
稲盛和夫さんはJAL再生の際もA3の用紙にびっしりと記載された管理会計数値をもとに費用予算と実績のズレとその効果について厳しい指摘をしていたというエピソードがあったようですが、まさにその原点となる考え方が詰まった一冊ではないかと。
会計は企業経営に有効な道具、ただ必要だが全てではない。なかなか経理屋ばかりと付き合うと忘れそうになる視点を引き戻してくれる、そんな有益な本でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

生涯を通じ「働くこと」の考察

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

岸見先生が生涯を通じ「働く」ことについてアドラーの視点から考察した本。働く視点からではあるが、この本を読むことで確かに気持ちとしては楽に生きられるかもしれない。
岸見先生のエピソードが人間的で当然ながら人って感情が揺れるのね、ということを改めて感じる。「嫌われる勇気」とかだと鉄人とか強烈な原理主義者みたいなイメージなので。
共同体感覚の部分は少し先生の人生に沿った書き方がしてあり、サラリーマンをする想定する場合には、むしろマイルドなチューニングが必要なのかもしれない。バランスはあってもいいと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本楽しく習得!英語多読法

2016/09/11 20:37

楽しく習得したい

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

要旨としては、英語を使えるようになるために、読書を「勉強」でなく「趣味」して位置付けること、ゆっくりと進化すること、ルーティンとして継続すること、そのために多読をしたらいいんじゃないか、ということ。
確かにそう思います。
ブックリストが付いていて、参考にしようと思ったのだけど、少し高尚かな…。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍【期間限定価格】地頭力を鍛える

2016/09/24 18:39

仮説思考だけではないけど

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

「時頭力」がキーワード。後天的にも鍛えられる、という定義がされているので、安心して読むことができる。そうでないと一般書として成り立たないから。
「仮説思考」「フレームワーク思考」「結論から」というビジネスで必要な考え方をすることで、記憶力や社内エキスパートではないビジネススキルを鍛えよう、ということだと思う。
習慣化できるまで持っていけるかがこの本の活用上難しい気はする。考え方のフレームワークの再確認ができてよかった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

「悪い」習慣の断捨離

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

「モノ」の断捨離の話は目に見えるからわかりやすく、目に見えない部分である気分が単純化されてスッキリするということと理解してる(お金も節約できる)。
この本は人の習慣を断捨離しようとするメソッドの話。定期的な棚卸しと見直しを人の習慣に取り入れる話なので、ありがちな話ではあるけど改めて言われるとなかなかできない視点だったかも。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本B級グルメが地方を救う

2016/09/11 20:44

B級グルメのガイド+成り立ち解説本

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

B級グルメのガイドにその成り立ちを解説したような本。
地方創生的な話はまあ…。そういう視点もありますね、というように読みました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

6 件中 1 件~ 6 件を表示