サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. ほんだくんさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

ほんだくんさんのレビュー一覧

投稿者:ほんだくん

10 件中 1 件~ 10 件を表示

図書館人の発想法

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

『図書館戦争』でも取り上げられた「図書館の自由」をテーマにしたエッセイ集。元少年Aが書いた『絶歌』の騒動、『アンネの日記』破損事件、『はだしのゲン』提供制限問題、岐阜県の同性愛関係資料破損騒動、などなど最近話題になった出来事をだいたい網羅していて、図書館の人たちってこんな風に考えるのね、という発見もある。有吉さん、マツコ・デラックスさん、寺門ジモンさん、黒沢としおさんとか、芸能人もなぜか登場。イラストも多くて、高校生くらいでも楽しめそう。。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本64 上

2016/09/21 01:15

ミステリーファンにもおすすめ

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

書店でかなりキャンペーンをやっていたので、この作家さんの本、初めて読みました。普段はミステリーとかファンタジーが好きで、警察小説は読まないのですが、たんに権力関係をテーマにしているだけじゃなくて、推理の要素も入っていて楽しめました。
ただ、ミステリー部分に突入するまでの、延々と続く主人公の受難の分部がかなり読むのに体力がいりました。普段、気軽なミステリーばっかり読んでいちゃだめだなと思いました。傑作です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本きんぎょが にげた

2016/09/21 01:00

子どもに読んでます

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

イラストがはっきりしいているので、赤ちゃんも喜んで聞いてくれました。
金魚はどこだー、問いかけながらお話しすると、とても反応がいいです。
鏡のところのページはちょっとひねってあって、お! と思わせます。子どもがちょっと大きくなってからも、別の楽しみ方ができると思います。
家族で大好きな絵本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本火宅の人 改版 下巻

2016/09/21 23:07

下巻はもっと

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

映画を見て、小説を読みたくなって、読んでみたら、映画に出てくるような、カラッとした風景が広がっていて、爽快な読後感。下巻は本人も死の影、衰えを感じてたのか、寂寥感も。
長く時間をかけて書かれた作品なので、ゆっくり読んでほしい名作。『リツ子 その愛』と『その死』も続けて読んでほしいです。
こういう小説が書ける作家さん、最近いないなぁ。。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本火宅の人 改版 上巻

2016/09/21 23:05

映画を見てから読みました

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

映画を見て、小説を読みたくなって、読んでみたら、映画に出てくるような、カラッとした風景が広がっていて、爽快な読後感。寂寥感。
長く時間をかけて書かれた作品なので、ゆっくり読んでほしい名作。小説を読んでから映画を見るとまた面白いかも。
同じ作家の『小説 太宰治』もおすすめです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ぴょーん

2016/09/21 01:20

大型本もあるんですね

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

赤ちゃんといっしょに楽しんでます。かわいい絵だけじゃなくて、細部がちゃんと書き込まれていて、図鑑的にも楽しめます。
男の子なら、小学生くらいになっても楽しめると思います。
大型絵本だと迫力があるだろうなー。図書館で探してみます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本世界の不思議な図書館

2016/09/24 23:19

こんな場所にも?

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

海岸、木の上、草原、廃棄バス、などなど海外のいろんな場所の図書館の写真集。
これは図書館というよりは文庫? 散髪屋さんにある本棚みたいなもの?、という気がするものも。そもそも、司書もいないし・・・。
図書館の定義があいまいな気もしますが、本といっしょにそれを楽しんでいる人も映っているところがポイント。
どんな場所でも、どんな国でも、本がそばにあることで人生が豊かになることを実感できる本。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本くっついた

2016/09/21 23:20

幸せな家庭

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

いろんな家庭、家族があるけど、絵本はやっぱり幸せな家族を描いてほしい、そんな願いが込められた絵本です。
いないいないばあ、と一緒に、どんな家にもあってほしい、お父さんがいないおうちにも、おかあさんがいないおうちにも、そんな風に読んでいて思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本沖縄ノート

2016/09/21 23:11

もう一度読みたい

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

大学生のころにゼミで読んで(読まされて)、難解で脱落した記憶が…。
30年ぶりくらいに沖縄問題を考えるために再読したら、いまだからわかることもちらほら。まだ難しいけど、読書力を鍛えるにはいいかも。
こっちが終わったら、「ヒロシマノート」もはやく読まないと。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本夜を乗り越える

2016/10/08 19:03

おもしろいけど

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ですます調なので、エッセイというより、語り下ろし、という感じでした。東京百景のような、小説すれすれの随筆というのをまた書いてほしいです。小説の次作も早く読みたいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

10 件中 1 件~ 10 件を表示