サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 星を継ぐものさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年9月)

投稿数順ランキング
先月(2017年9月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    中野 ジェームズ修一 (講師),日本放送協会 (編集),NHK出版 (編集)

    5つ星のうち 4.0 レビュー詳細を見る

星を継ぐものさんのレビュー一覧

投稿者:星を継ぐもの

3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本遊星小説

2016/11/18 00:47

負けるなラビラビ!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

気楽に読める短編集ながら、朱川 湊人氏らしいユーモアの感覚を味わえるのではないかと思います。かたみ歌やわくらばシリーズのようなノスタルジー感は薄いですが、レトロ感は十分。
印象に残るのはラビラビ三部作ですが、主人公の回想にしか出てこないのに強烈な個性の光る豪快なお母様も良いなと思う。「本日はサービスデー」が嫌いでなければご一読を。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本詩人と狂人たち

2017/02/09 21:38

万人受けではないので。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ミステリーというよりも、心理分析のような推理で思いもよらぬ真相にたどり着く、というのが基本のパターン。少々、飛躍している論理には違和感を感じる人もいるのでは?
万人受けしないので、ブラウン神父シリーズなどを読んで、気に入るなら読んでも良いかも。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本私たちが星座を盗んだ理由

2016/11/18 00:08

私が及第点しか付けなかった理由

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

5話からなる短編集。
恋煩い
 5編の中では一番完成度が高かったと感じる。主人公の思いと裏で起きていることの意味が明らかになるときに感じる怖さ。

妖精の学校
 伏線なのか、ブラフなのかわかりにくいエピソードが散りばめられ、未消化で終わる感じが強い。結末もわかりにくい。

嘘つき紳士
 主人公の後ろめたさと、顔も知らない女の子の純朴さが入り交じり、ちょっと切なさを感じていると足元をすくわれる、意地の悪いストーリーが面白かった。

終の童話
 ファンタジー風の展開で、意外性のある犯行動機を作り出すことには成功していると思う。それだけに結末に意外性がないことがむしろ残念に思える。

私たちが星座を盗んだ理由
 短編集のタイトルにもなっている、夜空に輝く星座を消してしまうお話。トリックにはなるほどと思わせる部分もあり、それなりに面白かったが、結末が微妙なところ。この結末で本自体が終わってしまう分、損をしているようにも思える。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示