サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. アルファさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年9月)

投稿数順ランキング
先月(2017年9月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    中野 ジェームズ修一 (講師),日本放送協会 (編集),NHK出版 (編集)

    5つ星のうち 4.0 レビュー詳細を見る

アルファさんのレビュー一覧

投稿者:アルファ

99 件中 1 件~ 15 件を表示

タイトル通りのラブコメディ+ひきこもりシリーズ快走中

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

イノシシ令嬢=クロエと、不憫な魔王ことアルセニオス(前作ではシリアスな人物として伝聞形で登場)、この2人にあれやこれやの周辺人物が巻き込まれたりちょっかいかけたり、相変わらずシリーズを通じてシリアスとコメディのバランスが絶妙! 気晴らしに読むには最適だと思います。

舞台はアレサンドリ神国からルルディ国に変わっていますが、これまでの登場人物がゲスト的に出て来ますので、前のいずれかを読んでいる人はニヤリとできるかと。このところ定期的に出版されていて、前の記憶が残っているうちに続刊が読めるため(特に今回は、前回印象に残ったアルセニオスが主役、前回のヒロインのアティナがスパイスをきかす感じ)、わかりやすくてよかったです。

シリーズ全巻からオールスター出場の小説(となるとかなりの長編になる? そしてドタバタしすぎる?笑)も読んでみたいところですが、それはそれとして、次巻も楽しみにしています!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ルイスのためのお話、ほのぼのからシリアスへ。

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

待ちに待ったルイスの物語。日陰の存在かと思いきや、今回は主人公! サカノさんの美麗な表紙&オビの4コマで期待も高く、お話もアレサンドリ神国ではなく、今後の展開がひろがる(!?)他国での物語。

4巻めの「こじらせシスコン」を読んだ後の方がキャラやストーリーがすんなり頭に入るかも。いつもの面々も(一部ですが)出て来ますし。

笑いあり、ほろっとくるシーンもあり、一気に読了。甘々の前半、緊迫の後半と雰囲気もガラッと変わります。

でも、そろそろルビーニ家のお話も出尽くした感もあるので、次は誰が来るのか楽しみにしています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍源氏物語 01 桐壺

2016/11/19 10:02

与謝野源氏、開幕。

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

与謝野晶子の読みやすい源氏物語が青空文庫で無料で読めることは、とてもありがたい。まるで現代小説のようにすらすらと頭の中に入ってくる名訳。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

時の流れを感じる一作

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ひきこもりシリーズは、シリーズ通して全巻読んでいます。

これまでの登場人物が陰に表に出てくるのがこのシリーズの楽しいところですが、今回はなんと2巻に出てきたあの坊や!!

大きくなって......などと親目線で読了。気楽に読めてクスリと笑える、この世界の雰囲気に包まれて読み終わるのがもったいない、そして次作が気になるという、安定安心の一冊。前回が国家レベルとすれば、今回は家庭レベルの出来事のお話。楽しませていただきました♪

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍現代語訳 信長公記

2017/06/03 17:59

信長はこの史料により、語り継がれる。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

まさに織田信長の一代記として、比類ない史料。太田牛一の筆致は素晴らしく、また訳者の編纂能力も秀でている。歴史好き、戦国好きならば必読の佳書。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍シドニアの騎士(15)

2017/03/25 00:03

ついに最終話

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

谷風とともに紆余曲折してきたシドニアの物語も最終話。正直、真ん中くらいで1巻に戻って読み返してからようやく物語の細部が把握できたくらい微に入り細に入る仕上がりの(細かいネタを含めて)作品。最後は収拾つくのかとある意味ハラハラし通しだったが、大団円で、そして胸に残る幕引きの最終ページだった。作者からのひとことや、後日談が読みたくなるくらい、この物語が終わって・・・もうシドニアの騎士たちのの次の戦いや日常が見れないと思えば思うほど寂しい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

待ちに待ったアメリアのお話。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

「ひきこもり姫」いらい、ずっと気になっていたアメリアのお話。ずいぶんと成長して...。けなげな部分と、生意気な子どもの部分がまぜこぜになった性格のアメリア。ルビー二家に引き取られてよかったね。あとはルイスがどうなるか、今後の登場を待ちます。シリーズを通読していない方は、1作目を読んでからのほうがいいかも。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

時代は遡って

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

シリーズ通読しています。今回は過去に戻り、1巻目のビオレッタの父母の話。とはいえこれ単品で楽しく読めます。ここから始めて、時系列で読んでいくのもいいのかなとも。(わたしもシリーズ再読しました)

主人公のベアトリクスは、これまであちこちで出ていましたが、旦那さんのほうは名前だけ出ていてあまり表に出てきていなかったような..!? いつものようにコメディとシリアスの微妙なさじ加減で、良い時間を過ごせました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

気軽に読めるファンタジーラブコメ

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

人気シリーズの1巻目ということを知り(各巻独立して読めるみたいですが)、スマホで読みたいので電子書籍で買いました。とても面白かったです! 長編というよりも、中編3つがひとつのお話になっている感じ。私は真ん中のアメリアの話が好きでした。さらっと読めるので、リラックスしたいときにおススメかな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍鉄風(8)

2017/06/16 13:35

女子格闘技漫画、完結!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

もっと読みたかった! うまくまとまって最終話になっているが、ところどころ伏線を張っているところをみると、まだまだ先まで構想があったはず。一筋縄ではいかない性格の悪い主人公に花束を。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍紅匂ふ(4)

2017/06/13 12:38

完成度の高い舞妓物語、完結

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

大和先生の絵で祇園の舞妓の一代記を描く、密度の高い物語。4巻で長すぎず短すぎず、素晴らしい出来でした。おススメ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍これだけ! 高校数学

2017/06/12 13:37

高校数学の学び直しや概覧に最適

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

数学的・物理的なトピックスが好きで専門書や解説書を好んで読でいるにも関わらず、高校当時に数学を理解し得ないまま終わってしまったことが心残りになっていました。大事な項目をわかりやすくまとめたこの1冊によりそうした心残りが消えました。た何かあってもこの本を参照すれば思い出せるという支えとして活用でき、まさに社会人が高校数学を学びなおすには最適です。個人的には、「2次関数の兵法完成」「キャップとカップ(集合)」「対数関数」について高校時に学びえなかった角度から学ぶことができ、うれしく思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍からん(7)

2017/06/09 12:49

名作。アフタヌーン編集部は先見性無し。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

7巻で道半ば。キャラクター、ストーリーともにようやく展開が始まった(ある意味王道路線に)ところでの終了、打ち切りか。最終ページの作者の直筆メッセージに、様々な思いを読み取れる。間違いなく名作になるはずの作品だが、(もし作者の意思で終了にしたのでなければ)アフタヌーン編集部の先見性を疑いたい。無理をしてもあと少なくとも3巻は続けて、物語を着地させるべきではなかったか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍からん(3)

2017/06/02 14:49

1ページごとに漂う緊張感

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

単なる学校漫画、柔道漫画とは違い、張り詰めた緊張感が漂う3巻目。それぞれの個性がせめぎあう中で肩透かしのようなコメディが挿入される。この空気感は秀逸。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍雪花の虎 2

2017/05/30 12:50

雪虎の初陣

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ついに虎が景虎となり、初陣を飾る話が描かれています。東村先生独特の画風とコマ間の雰囲気に、軽妙さと時折重さが加わり、ちょうどいい塩梅の女謙信エピソード。コミック単価が高めですので、すぐに購入とはいきづらいですが...マンガ好きなら読む価値あり。歴史好きでなくても大丈夫です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

99 件中 1 件~ 15 件を表示