サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. コンドル街道さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年9月)

投稿数順ランキング
先月(2017年9月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    中野 ジェームズ修一 (講師),日本放送協会 (編集),NHK出版 (編集)

    5つ星のうち 4.0 レビュー詳細を見る

コンドル街道さんのレビュー一覧

投稿者:コンドル街道

4 件中 1 件~ 4 件を表示

航空宇宙軍戦史ではなく、航空宇宙軍史である理由

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

外惑星動乱終結後がメイン。動乱勃発以前の話もある。
航空宇宙軍による宇宙開発の歴史を描くという側面、それがこのシリーズが「航空宇宙軍戦史」ではなく、「航空宇宙軍史」と名付けられた理由だろう。
スケールが一気に外宇宙にまで広がった。

長編の「エリヌス-戒厳令-」、シリーズ屈指の外道共が登場する。きちんとケジメはつけさせられていて爽快。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

スペースオペラとは違う味わい

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

遂に宇宙での戦闘が描かれる。宇宙で戦闘が行われる必然性もきちんと描かれている。考え方は海戦と同様。
スペースデブリの脅威を考えれば、あの兵器は納得がいく。
巡洋艦サラマンダーは同型艦が造られなかった、という設定だが、造られたとしたら二番艦以降の艦名は、シルフィード、ウンディーネ、ノーム、だろうな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

待望の復刻版

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

昨年(2015年)にシリーズ新作が発売されたので、既刊も買おうとしたが、新刊はおろか中古でも入手困難な状況。そんな中で完全版の形で再度出版となったのは、嬉しい。
戦略パートと戦術パートのどちらも魅力的に描ける氏の力量には脱帽。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

戦争の暗部を描く

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

戦争犯罪や生体実験がメインテーマの為か、とにかく重い話が多い。
ただ、そんな中でも人間性を失わまいとする人もいる訳で。己の出来る最善を尽くそうとする姿は希望であり、救い。

本作は連作短編集だが、「最後の戦闘航海」は実質的に長編と見ていい。
「星の墓標」は「星を創る者たち」や「コロンビア・ゼロ」と同じ手法が取り入れられている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

4 件中 1 件~ 4 件を表示