サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. Kilimaimaiさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年9月)

投稿数順ランキング
先月(2017年9月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    中野 ジェームズ修一 (講師),日本放送協会 (編集),NHK出版 (編集)

    5つ星のうち 4.0 レビュー詳細を見る

Kilimaimaiさんのレビュー一覧

投稿者:Kilimaimai

2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本江戸しぐさの終焉

2016/10/25 00:42

根拠のない情報が一人歩きをする

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

突然広まった「江戸しぐさ」というものの一部を聞きかじり最初はそんなものかと思っていたものの、それが一人の人物の創作だと知り、心底驚いた。

「昔の日本はよかった」とか、「近代の大人は現在とは違い毅然としていた」とかの話は今の与党政府が好むところだが、環境的な問題を除けば人間社会など今と大差ない。

「江戸しぐさ』は正に”よかった昔”から様々に教訓を引き出そうとする類のものだ。
渡りに船とばかりに文部省がまんまとこれに乗っかった。
『道徳や誠実、円滑な人との交流を説くのだから何も目くじらを立てなくともいいんだろ』という反論もあるという。
だが、著者は、それは全く違う、と言う。なぜなら、根拠とする「江戸しぐさ」そのものが虚構であり、正に人の無知につけこんだ内容だからだ。
その流れが親学のススメから国よる「(国に頼らず)親の面倒は先ず子どもが看ろ」という国策へとつながっていくという指摘も鋭い。

ともかく、「江戸しぐさ」という虚偽を単独で暴いた功績は実に大きい。
是非、前作とともに読んでもらいたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

再放送分?

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

10月の最終週になってから番組の終わりに、
来週の放送は講師の遠山氏が体調不良のため2014年7月分のアンコール放送になる、
とのアナウンスが入るようになった。
ええっー!じゃあ購入した11月分のテキストは幻の放送となるのか、
ひょっとすると、このテキストにプレミアムがつくかもと思いながら改めて確認すると、
表紙に『2014年7月のアンコール放送に変更になりました』とある。

バックナンバーを調べると内容は全く同じだ。実に勿体ないことをした。
そもそも10月半ばの発売日前にはわかっているのだから、
10月のはじめに同内容のアナウンスをすべきだろう。
「来週の放送は…」ではなく「来月の放送は…」として。

「アンコール」という文言も含め、NHK出版のいやらしさを感ぜずにはいられない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示