サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 荒井 孟さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

荒井 孟さんのレビュー一覧

投稿者:荒井 孟

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本小説君の名は。

2016/10/30 10:54

詩的小説

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ティーネイジの少年と少女が夢の中で体が入れ替わるという。
ハイテクな現代社会における幻想的な話である。
そしてその背後にあるのは悲しい爪痕...。

フーガのごとく二人がお互いに追いかける姿は何ともいとおしい。
少年が少女の手に自分の名前ではなく「好きだ」と書き、
町のみんなを救うために少女が立ち上がる姿は美しいワンシーンである。

小説(散文)でありながら、どこか詩を謳いあげていく感じがした。
また必要以上に背景を説明せす、読者に想像の余地を残しているのが心憎い。

きれいは悲しい、悲しいはきれい。

先行きの読めない、不確実性が増す現代社会において
一縷の光を見た感じがした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示