サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. wankyoさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

wankyoさんのレビュー一覧

投稿者:wankyo

6 件中 1 件~ 6 件を表示

今改めて読むと時代錯誤していて笑える

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

この本が書かれたのが2012年か。今思うともう隔世の感がある。この本の内容はリーマンショック前までの話である。
その頃の外資系金融の世界をほぼ網羅しているが、ちょっと古い話であり、実態を盛って描いている。リーマン後、投資銀行は急激に変貌していたのだ。
2012年はもうプロップトレーダーなんてほとんど存在していなかったと思う。プロップトレードに多額の金をつぎ込むビジネスなんかとっくに崩壊していた。
ついでにいうと、トレーダーが威張っていたのも、もっと昔の話。2012年なら、プログラムトレード、アルゴ全盛で、トレーダーなんてオペレータに過ぎなかった。
投資銀行のマーケット部門は装置産業であり、ITの方が重要でプログラミングすらできないトレーダーなんて無用の長物だったはず。
アルゴトレード、HFTの前にトレーダーなんて全く無力であった。それが真実。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

なぜそんなに負けることができるのか

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

井川さんは賭博好きだとおっしゃる。東大も出ているのだから頭はいいのだろう。それなのになぜ、丁半バクチのバカラでそんなに負けれるのか。バカラの控除率は2.3%。そして丁半バクチ。100回やったら50回は買って当たり前。資金管理が駄目だったのだろうが、それにしてもセンスがなさ過ぎる。もしくはカジノでイカサマ行為にあっていたのだろうか。どちらにしても、この人馬鹿だと思う。この程度の資金管理もできないのなら、ビジネスなんか絶対に無理。東大で何を習ったのか知らないが、もっと実学を学ぶべき。親の威光の及ばないもっと厳しい会社で修行すべきだったと思う。今から起業でも何でもして自分だけの力で金を稼いでみるといい。まず失敗するであろう。彼にできるのはせいぜい知名度を利用したメルマガのようなビジネスだけではなかろうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本野村證券第2事業法人部

2017/03/26 22:10

筆者は何が欲しかったのか

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

前半の野村時代の筆者の活躍の部分は誰もが書いている通り非常におもしろい。この本の価値はこの部分だけにある。筆者は営業でがんばっていたが、お金は持っていなかったようだ。当時の野村なら抜群の営業成績を残せば外資には及ばないまでも相応の報酬は得ていたはず。野村を辞めて「外資に行けば、5億か10億は稼げる」と言っているくだりがあるが、それならそこに行ってまず5億でも稼いでくればいいのにと思った。なぜ5億を捨ててしょうもない会社を起業したのか理解に苦しむ。私の知る限り、証券マンは外資で働けるうちはそうする。起業なんて、外資をお払い箱になってから。「データベースマーケティングをやりたくて」野村を辞めたというのもうそ臭い。表向きの理由をでっちあげたに過ぎない。結局、筆者は活躍の割に蓄財できず、その分を取り戻そうとするあまり、事件を引き寄せてしまったのではなかろうかと推測する。筆者は金にはこだわらないという言い方をしているが、それもうそ臭い。
後半の起業してからの部分は全く読む価値などない。筆者の仕事ぶりも冴えないし、野村時代とうって変わって堕落が激しい。全く身のない仕事ぶりで、こんなので稼げるほど世の中甘くない。結局事件に巻き込まれて一生を棒にふることとなる。今さら強がってももうこれで終わりだ。筆者は個のスキルは飛びぬけていても、マネジメントには向かない。起業には向かなかったと思う。外資でどこまでできるか挑戦して欲しかった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

証券会社であっても相場には勝てないのは常識

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

山一が潰れたのは、飛ばしによる簿外債務のためであるが、利回り保証をするという行為は「自分たちは証券のプロだから相場で何とか利益を出せる」という思い込みから来ている。本来ならこんな素人以下の奴は証券業に居てはならない人間であるが、この驕りの感覚を持つ奴が会社の中枢に居たとしたら、潰れるのは必然であろう。ニギリで営業成績を高めた奴が出世するなんて、どこまでイカレているんだ。
法人部門は証券会社の中枢であり、最も重要な部門であるのは明らかであるが、そこにこんな「ニギリでしか客をとれない」低レベルの人たちしかおらず、それが見過ごされる組織であったなら、もうどうしようもない。潰れるのは必然であったのではないかと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

プライベートバンカーの実態がリアルに描かれている

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

シンガポールのプライベートバンカーになる主人公がリアルに描かれている。ボスに雇ってもらったのだが、実際に勤務し始めてからは必ずしもそのボスが自分の味方であるとは限らない。働き始めてから初めてボスの実態がわかってくるというのは外資系金融ではよくある話である。ボスは自分の部下を雇う時に色々考えているのだ。結局、その人を上手に利用できるかどうかで決断している。優秀なのは当たり前で、優秀でも自分の存在を脅かすような奴なら雇わない。
この本でも主人公とボスの対立が生々しく描かれているところに引き込まれた。
結構、話が飛ぶところもあるので、もっとじっくりこの関係を描いていき上下巻の構成くらいにしても良かったと思う。
来年からはもう5年縛りのルールは10年に改正されてしまう。プライベートバンカーの置かれている状況も一変しているに違いない。どんどん法律が変わるので、租税回避(あくまで合法的なもの)の方法もそれに対応せねばならないのだ。
最新版が読みたい。主人公の今が知りたい。著者には是非追跡取材をしていただいて、続編をお願いしたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

期待外れ

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

みんなの評価が高かったことと、前から書店で目にして気になっていたので購入した。
物語があまりに現実離れしているし、手紙を元にストーリーが展開していく場面がどうしても納得できなかった。読み終えて爽やかな気分になることもなく、話の展開にも興味が持てなかった。正直、他の人の評価が高い理由が理解できない。もっとおもしろい本は他にいくらでもある。自分的には購入失敗だった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

6 件中 1 件~ 6 件を表示