サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 麦さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年3月)

投稿数順ランキング
先月(2017年3月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

    3月のライオン(1)

    3月のライオン(1)

    羽海野 チカ(著),先崎 学 (将棋監修)

    5つ星のうち 4.5 レビュー詳細を見る

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    はらぺこあおむし 改訂

    はらぺこあおむし 改訂

    エリック=カール (さく),もり ひさし (やく)

    5つ星のうち 4.5 レビュー詳細を見る

麦さんのレビュー一覧

投稿者:麦

6 件中 1 件~ 6 件を表示

紙の本ねないこはわたし

2017/02/21 21:10

自伝的絵本?

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

絵本作家せなけいこさんの、大人のための絵本だそうです。
絵本「ねないこ だれだ」の作者さん。
「ねないこはわたし」というタイトルに惹かれて手に取りました。

切り絵に使ってる紙は、包装紙だったり、郵便物の裏だったり、ひとつのものがたりで、おんなじ衣裳が必要になるから、切り抜いたままその紙を残してあって、切り絵になる紙を置いておく箱が家中にあるそうです。
せなさんのこどもたちは、大きくなってからは、お母さんがすぐに絵本に登場させるのを嫌がって、息子さんが妹に、「いい子にしてないと、またママに本にされちゃいますよ!」といってたとか、うさぎも息子が好きだから登場人物になったり、飼っていたうさぎの名前が絵本の登場人物になっていたりと、せなさんの絵本を読み返したくなりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本きょうはそらにまるいつき

2016/12/06 23:35

まんげつをみあげたくなる

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

まんげつのまるい月を見上げたくなるお話しです。
何かを思っても、何気なくみあげても、
それぞれの視線の先にまるい月という。

まる以外の月も好きだけど、音的に繰り返される
きょうは そらに まるいつき
という文章が読んでいると、リフレインしてきます。

それぞれのページの、人々のくらす場所のイラストも素敵です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ウワサの楽屋裏

2017/01/30 22:55

「ナイショの楽屋裏」スピンオフ作品。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

「炊飯ジャー探偵」拝島さんとマネの織部さんのお話。
コジローのスキャンダルが、マネ二人の結託の仕込みだったことがわかったり、「ナイショの~」を先に読んだ方が、繋がりが分かりやすくていいと思います。

(書き下ろし)
「アピールタイム楽屋裏」
某GA○C○Tさんが11連勝中?のあの番組っぽい格付け番組に「炊飯ジャー探偵」の番組として、出演する、拝島さんと、ムサシくんのお話。
拝島さん、素朴なとこと、照れ顔が可愛いです。
マジでいい人だ。

カバー裏漫画は、拝島さんの劇団の看板脚本家本田さんと拝島さんの元バイト先の同僚のモブ子さんです。
本田さんが不憫。お仕事出来すぎの織部さんのロックオン具合は恐すぎます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ワイン入門本?

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

三浦しをんさん含むポプラ社社員の皆さまが、ワイン丁稚として、岡元麻理恵先生の講義を受け、立派なワイン舌を形成するべく努力した姿を描きつつ、一見難しいイメージのある、ワインの入門解説本。どのグラスで飲めば美味しいのか、 赤と白の違いは?シャンパンとは?ワインの選び方、ワインと相性のよい食べ物は?など、講義で名前を伏せられたワインの概要、ワイン丁稚たちの体験と、岡元先生の解説という流れで進んでいく本です。長い名前は覚えられなかったけど、ちょっと自分のお気に入りのワインを探してみたくなる一冊かなと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

すべてを疑え

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

読み終わると、タイトルや著者紹介の本のデザインにも、メンタリズムが駆使されているのに気づく。
日本で唯一のとか、著者近影的なのが、
キチンとスーツで、腕組みポーズなのも戦略なんだなとか。

今季はじまった某ドラマで、娘さんをください的挨拶をするのに、
青のネクタイなのも、百戦錬磨のサラリーマン編を読むと、
利にかなってると納得してしまった。

数日は、騙されてないか疑いながら生活しそう、
それを忘れないように、忘却曲線の時間に合わせて
学習し直しせればよいのになぁ。

ラストのショートストーリーは、離婚話のあとに、
一発逆転劇のストーリで読後の後味まで、操られてるのかなと。

本の内容的には、恐怖管理で終わらせた方がなんらかの効果があるような、でも本という媒体は、ハッピーエンドラストの方が、安心するって法則はある気がします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

櫻子さんシリーズ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

巻数わかりずらいので、4巻め。
プロローグ
第壱骨 猫はなんと言った?
第弐骨 私がお嫁に行く時に
第参骨 蝶は十一月に消えた
エピローグ

頭蓋骨内の蝶形骨だけを持ち去る宿敵の画家、花房さん登場。続きにも多分出てくる人物なんだろうな。
誰の20歳のバースデーだったのかも、
アニメも数話しかみてないし、本編もまだ4巻なので
その中で仄めかされることから、誰かなとなんとなく想像しながら、読んでいます。
美味しそうな描写はあるのに、いつも謎が解けても、
後味悪く終わるなと感じます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

6 件中 1 件~ 6 件を表示