サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. runrunrunさんのレビュー一覧

runrunrunさんのレビュー一覧

投稿者:runrunrun

1 件中 1 件~ 1 件を表示

最高のマラソン参考書!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

「51歳の初マラソンを3時間9分で走った僕の練習法」というタイトルは鶴見辰吾さん本人は全く希望していない編集者が少しでも売れるために付けたタイトルだと思う。なぜなら、第1章で早々に語られているが、距離不足発表があった1回目の横浜マラソンこそ、脅威の記録であって、再チャレンジした初(公認)マラソンとなるサブ3宣言の第2回目は明確な目標と共に欲が出て計算高くなった結果、前半飛ばしすぎてしまいそのツケがそのまま後半に影響しまくり、棄権も考えたくらいやっとの思いでゴールした姿がリアルに描写されている。いわば、「3時間9分で走った僕の失敗談」という雰囲気に近かった。その他トレーニングの方法などは2回目の3時間9分のために行ったものではなく、マラソンを始めた経緯から1回目のチャレンジ中心で、非常に参考になる。オーバーワークしてしまったリスクも本当に今の自分に取って胸に響くものばかり。語られている言葉は正真正銘鶴見辰吾さんの言葉なんだろうと思う。また、彼の代名詞であるロードバイクのことも語られており、それらをどのようにマラソンに生かせたかも参考になった。第1回目、2回目の横浜マラソンのラップの公開や、それらのレースに向けて行った毎日の走行距離も添付されている。多くの市民ランナーが独学し手探りして知識を得ている姿もそのまま鶴見さんも辿っている。2時間30分を切るようなトップ市民ランナー以外であればどんな市民ランナーにも有益なずっと読み返せる教科書だと思う。
自分自身、2016年3月に初フルマラソンを経験し、この本が発売された11月に2回目のフルマラソンとしてつくまマラソンにエントリーしており、前日ホテルでも読み返したいくらいイメージトレーニングにもなるし勇気も心得も得ることが出来る名著だと思う。わずか864円で手に入れられるとは本当にラッキー。全ての市民ランナーの方に読んで感想をお伺いしたい!!!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示