サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. るうさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

るうさんのレビュー一覧

投稿者:るう

1,658 件中 1 件~ 15 件を表示

パリヤさんってば可愛いぞ

5人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

世間体を気にして 結婚できればそれでいいくらいの考えだったパリヤさんが ウマルさんに対して「この人がいい」と思ったのは大きい。ウマルさんもそんなパリヤさんを憎からず思ってるあたりにキュンキュンくる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

女の生き難さ

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

表題作のインパクトの凄まじい事…。主人公の父親の身勝手と母親の事なかれ加減。親の抑圧から逃れられない主人公の行き着いた先が怖い。ある方がは親は息子に対しては 将来は女房子供を養えという一本道だが娘に求める事は凄まじいほど矛盾していると言っていて それを思いだした。重い表題作のあとに読んだ収録作のシュリンクス・パーンには癒されました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

最愛の少年漫画

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ジャンプコミックス、完全版、文庫と3種類全部買ってしまいました…。フジリューのデザインセンスと完璧な伏線回収に惚れた結果。悔い無し!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本別冊図書館戦争 2

2017/02/17 14:02

フィナーレは華燭の典

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

くっつきそうで微妙な距離のあったあの二人がついに!そこに行き着くまで恐ろしい思いもする羽目になったけど、大丈夫!あの二人ならきっと大丈夫!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本チルドレン

2017/02/08 17:08

読後感最高

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

陣内のあのキャラクターが効いてる作品。読後 思わず口笛でも吹きたくなる粋さにニヤリ。さすがは伊坂幸太郎だなあ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ただただ感嘆

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

丁寧な描き込みは溜息もの。特に動物キャラクターの美しい毛並みの素晴らしさに釘付けになりました。図書館のエピソードが一番好き。大きな動物キャラ用の本のデカさに吹きました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

11年ぶり!

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

友人の家に遊びに行ったら リビングに置いてあったので 友人そっちのけで熟読。えげつない真似もしつつ やはり美の下僕でもある藤田。あいも変わらずで嬉しい

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本千億の夜をこえて

2016/12/28 11:35

愛する人を

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

直江は人類が、世界が滅びようと生き抜いて たった一人きりになって最後に仰木高耶の名前を呼ぶつもりなのだろう。彼が信仰とも言える愛を貫く事によって最愛の仰木高耶は最後にして真実の神になる。彼にしかできないことを成すために直江は生き続けるのだ。これこそが真実の愛とは思えないが これもまた本当の愛なのだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本銀河英雄伝説 10 落日篇

2016/12/26 13:54

名作です

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

著者の最近の作品があまりに酷いので口直しに再読。こんなに上手くいく訳が無い、綺麗事だと言う人もいるが それでも私にとっては紛れもない名作です。著者の全盛期に完結する事が出来た幸福な作品でもあります。また読み返そうっと。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本残穢

2016/12/12 20:50

じわじわと迫り来る

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

これは初めて読んだ時より時間がたってからだんだん怖くなる本だ。現在住んでいる家もその土地もかって誰が住んでいたのか、どんな事があったのかなど知る術なんて持っていない。何もわからないのだという事実が怖い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ドリフターズ 5 (コミック)

2016/12/06 18:29

少しずつ 少しずつ

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ドリフの面々が少しずつ集結してきましたね。豊久たちの他 山口多聞の元に菅野直とスキピオが集まって グ・ビンネン方面でも別の戦いが始まりそう。山口の知識を吸収しようとするスキピオの前向きさには頭が下がります。2000年に及ぶ時間を飛び越えようってんだから凄まじい。しかし豊久と菅野が出会ったら どうなるんだろう。目があった瞬間 殴り合いとか?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

暖かい時間

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

人間には北に向かう人と南に向かう人がいると聞いた事がある。羽海野チカは間違いなく北に向かう人間だと思う。吹雪や氷河に恐れつつも突き進む。 そういう物語の中でふと暖かい時間が訪れたかのような巻。ホッと息をつけるが あくまで中継点なんだろうな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

丁寧な描きこみに見入る

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

緻密な筆致になよる彫刻や刺繍の表現は見事の一言です。特にロスタム君と大工のおじいさんのエピソードは素晴らしかった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ボールルームへようこそ 4

2017/09/18 22:30

ガチンコ勝負で一歩前に

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

賀寿くんと雫ちゃんカップルとの息詰まる戦いはまさに肉弾戦。この大会でみんなが未知の一歩を踏み出した感じがしました。あの仙石さんさえ踊り出したくなるほど素晴らしい雰囲気の大会を生で見られた観客は幸せでしょう。仙石さん 自分が指導した多々良がその空間を作った一人だという事が嬉しいだろうな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

まさに骨太

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

作者の幅広い知識と厚みのある構成力で練り上げられた傑作。全く思いもよらない視点から歴史を紐解く手腕は見事。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1,658 件中 1 件~ 15 件を表示