サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. うにさんさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年1月)

うにさんさんのレビュー一覧

投稿者:うにさん

1 件中 1 件~ 1 件を表示

電子書籍最後にして最初のアイドル

2016/12/02 13:46

ぶっとび系パワフルタフネス「アイドル」を巡る哲学的考察

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

すげ~!!!!! というのが、まず最初の感想。
人類の「意識」が無際限に増大して地球を食いつぶしていく・・・文明批判的ディストピア小説、だと思っていたら・・・何度も何度もどんでん返しがあって、最後は自己意識の生成現場に雪崩れ込んで、おい、お前、そこから発信しろ!・・・と全力で読者を応援する、いきなり照り返しを受ける、みたいなスパコーン!とホームランでかっとばされるような「オチ」でありました・・・びっくり。
冒頭部はずいぶん硬質な、古風と言ってもいい文体で、簡潔さと抑制のきいた推進力で運んでいく感じだなあ・・・と思ったけれど・・・しょっぱな5分の1くらいのところで「え~?!」という第1のどんでん返し、があった後は、文字通り疾風怒濤。物理工学や最新脳科学、宇宙工学の知識が土台になっているけれど、そういうことに「どしろうと」の私でも、充分に読めるところまでイメージ化してくれている。
途中、「進撃の巨人」とか、息子が熱中してバトルしている昆虫系サヴァイヴァルゲームのイメージが重なってきたりする部分もあるけれど、巨大水族館の中を浮遊するような情景が地模様となっているのが印象に残る。肉体系グロテスク描写に抵抗ある人には、生理的に来る部分もあるかもしれないけれど・・・ラヴクラフトとか好きだった私には、まったく問題ありませんでした。いや、むしろ刺激的で面白かった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示