サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. ちーみーさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

ちーみーさんのレビュー一覧

投稿者:ちーみー

4 件中 1 件~ 4 件を表示

紙の本いもうとガイドブック

2016/12/25 15:41

買ってよかったです

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

妹が産まれたお姉ちゃんに買いました。
イギリスの作家さんの本です。
外国の作家さんの絵本は、感覚が合わないと思うものもあるのですが、こちらの絵本は、「あるある~(笑)」という感じで、読んでいるこちらも楽しめました。
お姉ちゃんも、妹が歩くようになるのが楽しみだと言っていたので、買ってよかったと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

やっぱりかがくいさん!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

9ヶ月児のために購入しました。
もちろんストーリーはありませんが、だるまさんの優しい絵とおもしろい絵が気に入ったようで、読んであげると楽しそうに絵を見ています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本うめじいのたんじょうび

2016/12/25 16:06

かがくいさん黎明期

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

かがくいひろしさんの最後の出版本ですが、書かれたのはデビュー前です。
かがくいさんの絵本は、親子で大好きなので、こちらの絵本も当然購入しました。
絵のタッチやお話の流れはかがくいさんらしい、優しい感じですが、黎明期の作品だけあって、往年の作品ほど完成度は高くないかも…
でも、ファンとしては、その頃のかがくいさんも知ることができて、貴重な作品です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本殿様の通信簿

2016/12/30 19:07

これは・・・

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

書店で「はじめに」と「徳川光圀」のさわりを見て買いました。
「土芥寇讎記」という書物を初めて知り、「幕府の隠密が各大名をどう見て、幕閣がどう考えていたのか」気になったからです。

内容も興味深かったですが、文章も面白く、どんどん読めました。池田綱政までは。

そのあと、前田利家が始まった辺りから、「時代が違うぞ?」と思い始め、前田利常、内藤家長は、他の史料(それも、後世の編纂もの)のオンパレード。最後の本多作左衛門に至っては、筆者が書きたくなったからで始まり、中途半端に小説風になっています。
「あとがき」では、土芥寇讎記には触れてもいません。
確かにタイトルは「殿様の通信簿」ですが、「はじめに」であれだけ煽っておいて、途中から土芥寇讎記の記述から全く離れるのは納得いかなかったです。

ですので、読後の感想としては、「この本を読んだら、『さくざがしかる』だろうな。」でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

4 件中 1 件~ 4 件を表示